「おほん」

昨日8/16(金)は、見たTVからずいぶんとぐっとくるメッセージばかりが流れ込んできたなぁ。。

 

NHKで放送されていた
「にっぽんの芸能」。
市川團十郎さん・中村勘三郎さん特集でした。

去年、平成中村座で見た中村勘三郎さんにすっかり魅せられ、
日本に、世の中に
こんなにシンプルに人を笑わせる役者さんがいたとは!!
という感動と喜びとLOVEのようなものを抱えて帰ったあの日のことは忘れられません。
そしてもう一度訪れた平成中村座。
おなかの底から
「かんっざぶろうさんっ!!」
と叫びたいくらい胸がいっぱいになりました。

團十郎さんの舞台は観に行くことがかないませんでした。
でも、TVで拝見すると
その「凛」とした雰囲気は
勘三郎さんの雰囲気ともまた違っていて
涙をうっすら浮かべるその演技には
物語の全体像もわからないのに泣けてしまう。

小泉英明さんという脳科学者の方が
評されていた團十郎さん像。
「すっと晴れ渡った青空の
富士山の姿」

私は團十郎さんの舞台はTVでもそれほどお見かけしてこなかったのだけど、その表現に涙がにじみました。
「本当にそう」
と100%のど真ん中感で入ってきたから。

 

この前に水曜日の「5時に夢中!」の録画を見ていたのだけど
そこで中村うさぎさんがナンシー関さんについてのお話しと併せておっしゃっていたこと。
「本当にすごいコラムニストは、”私もそう思ってた!”と、もしかしたら自分の中にはまったくそんなものはなかったかもしれないのに、”私の考えてたことと同じ!”と、ど真ん中感を感じさせるようなことが書ける人」
うさぎさんは何度もおっしゃっていて、このコメントだけでも今日の「5時夢」は保存版にせねばと思ったものです。
連続ど真ん中です。

 

そしてまた歌舞伎に戻ります。

「助六」での勘三郎さん。
このコミカルさ!
そうそう、これ!
とまた泣けてくる。
そして勘三郎さんの前に立ちはだかって
「股をくぐれ」
と勘三郎さんを見下ろす團十郎さんはまさしく富士山の威厳!

「シェーッ!」
「もひとつおまけにシェーッ!」

これこれ…この勘三郎さん。
この「シェーッ!」でね、今時そうそう笑いを巻き起こせるものでもないと思うのです。

「なんでげす!?
だめでげすよ!
股をくぐれなんて…」

品が悪そうなのにとっても気品に満ちている。

「おほん」

股くぐりへいざ!という前に軽く気合いを入れる通人・勘三郎さん。
その軽さがとってもくすぐる!
そしていざくぐろうとするときの恍惚の表情!

観に行っていたならば、
ぶぶーっと吹き出してしまってただろうなぁ…。

股をくぐるまでに、ずーっと勘三郎さんのおふざけというか、挑発というか、コミカルショーが続いてて、必死で笑いをこらえる團十郎さんはそれでも1ミリも威厳も品格も崩さない。

お次に立ちはだかるのは尾上菊五郎さん。

「シェーッ!
なんでげす?
またまたまたをくぐれでげす?」

こんな面白いコント、もうあまりお目見えしないよなぁ。
笑いというのは、血のにじむような努力や研鑽や研究や献身から、自然発光的に気品や色気と相まって生み出されるものなのかな。
きっと面白いことを考えた人が誰でもできるわけではなくて、お客さんとの間に流れる空気を1平方センチメートルも無駄にしないというような献身をとても感じた。

それにしても
團十郎さん・菊五郎さん。

軽口たたく勘三郎さんを
「じっ・・・」
とただ見つめるだけ。
ただ仁王立ち。
その気品と威厳に色気まで漂うのだから、あふれ出る人間性そのものに胸打たれる。
へらへらしてる通人を
「おい・・」
とも言わぬけど見下ろすその姿は
神のようです。
仁王様だ。

菊五郎さんの股もくぐり終え
花道で語る勘三郎さん。
建て替え前の歌舞伎座での「さよなら公演」にて。
本当にこの方の客席に向かっての語らいは、高い舞台にいる方なのに、
不思議と、勘三郎さん中心にみんなで椅子持ってきて話聞いてるみたいな、
段差の感じさせない語らいで。

「しばしの間、歌舞伎座からは
さよな~ら~」

「おほん」

風吹くように花道駆け抜けた
勘三郎さん。
「おほん」に
ユーモアや寂しさや、
あとやっぱり色気とか
たくさんのものが込められた
その咳払いは、
まさに勘三郎さんそのもののような
粋な締めくくりの合図だったのでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。