横尾さんお母さん

横尾忠則さんの本を1冊読み終えました。

ある日横尾さんのツイートを目にしたのをきっかけに、横尾忠則さんがすっかり気になってしまってるこの夏~秋です。

この本の対談相手は実に豪華。
淀川長治、吉本ばなな、中沢新一、栗本慎一郎、河合隼雄、荒俣宏、草間彌生、梅原猛、島田雅彦、天野祐吉、黒澤明。

特に気になった草間彌生さんとの対談。
草間さんが「この対談を私はもう降りたい」とおっしゃられたというエピソードを書評で目にして、すごく興味を持ったのでした。
そしてなんたってタイトルです。
「見えるものと観えないもの」

横尾さんのつぶやきでも、目に見えないことをすごく大事にされていることは感じられた。
しかし予想を超えてダイレクトに、いろいろ体験されていらっしゃる。
幽霊、UFO、霊媒師。
そして宇宙的存在の作ったカリキュラムに5年取り組んだこと。

対談者も大抵その世界を肯定されていて、同じく幽霊やUFOを見た方もいれば、不思議な夢のお話をしてくれる方もいる。
草間彌生さんとは話がかみ合わないながらも、草間さんこそ霊的なものをよく目にしてらした方。
そこに共通点があるのに、アートへの考え方は確かに全然違うものでした。

そしてこの間放送の「探険バクモン」。
そこで聞いた横尾さんの生年月日に「ん?」と一瞬フリーズした。
横尾さんはうちの母と同い年で、しかも誕生日が3日違い!
私が横尾さんに強い親しみを覚えたゆえんがわかった気がしたし、それと同時に「なぜこんなにも違うのか」と、母と横尾さんは。

母は目に見えないものについて特に真剣に捉えてない人。
占いなど、私が勉強してること全般否定は決してしないけど、いつでも「ふ~ん」って格別関心もなし。

そして母は頭で考えるタイプ。
スケジュールありき。
肉体が疲れていても、「そうせねばならない」と目的遂行することが好きなようで、いわば直観で動くとか、そういうところをよりどころにするような人では全然ない。
「自由」の領域が少なくて、自由に描いたら?自由に選んだら?という局面が最も苦手という。

横尾さんはかなり「直観」ということを大事にされている。
そして「目に見えないもの」を、もしかしたら「見えるもの」以上に大切にされているんじゃないかと感じるほどで、横尾さんが描いてきた絵も「自分が描いたかわからない」とまで言う。

「何かによって描かされた」「”これは俺が描いた”と思ったら、もう人を感動させないと思う」と、守護霊とかもっと大きな力が自分を通じて描かせているんだと、そこが誰と対談しても一貫していた。
母は表現欲とか一切ないです。
コーラスはやっているけども。

横尾さんのホロスコープ

母のホロスコープ

月以外は全て同じサイン。

太陽:、水星:双子、金星:、火星:
木星:射手、土星:魚
天王星:牡牛、海王星:乙女、冥王星:
ドラゴンヘッド:山羊(テイル

蟹座マジョリティーです。
月は横尾さん天秤座、母は蠍座。

構成ほぼ同じはずなのに、アスペクトを示すラインの色合いがずいぶんと違います。
それはやっぱり月が関係するアスペクト。
2人の出生時刻がわからないので12時にしてはありますが、母は月で小三角ができている。
横尾さんの月は太陽金星・ドラゴンヘッドとTスクエア。

そうするとドラゴンテイルは蟹座になるわけですが、母は火星と合。
これはさんざん母を苦労させた父のことなんじゃないかなぁ。
しかもこのテイルー火星の位置は私のICと重なるわけで、私にとっても「家の中での因縁」という意味にもなります。

横尾さんはテイルー太陽金星合
金星ってとこが「アート」、しかもあの世的というか精神世界的というか。
なんだか気持ち悪いという印象を抱かせるような作品も、多数描かれてると思うのです。
太陽ってとこが、それらを職業にされたことと結びつく気がします。

あと横尾さんの水星は海王星ときつめのスクエア。
母は横尾さんと3日違いなので、スクエアではあってもゆるめ。
この差が、インスピレーションの鋭さの差というか。

あと違いといえば、横尾さんは猫をこよなく愛しているけども、母はあんま愛してない。
実家に猫が2匹いるのは、私が連れてきた猫だからお世話してるという感覚がずっとあって、猫すりすりとか嬉しくないようです。
2人とも猫と縁があるには違いないけども。

横尾さんのパワーは、あくまで母と比べるとってことになるけども、ハードスクエアの多さなのかなと思います。

横尾さんの「横尾」というお名前は、養子先の名字だそうです。
叔父さんのおうち。
だけど可愛がられて育ったとのことだから、太陽月スクエアを幼少期の寂しさとかって言ったりできないけど(実際に養子だと知ったのは高校生の頃)。

月はまだ赤ちゃんの頃の、記憶として覚えてない時期の出来事も含まれることを考えると、横尾さんの記憶にはなくても実母・実父との別れというその出来事は、月のハードアスペクトに表れてると言えるかな、どうかな。
「ハード」ってワードからネガテイブさを除くなら、スクエアや150度(月ー天王星)はじめとしたハードアスペクトは、やっぱり「飛躍の種」なんだと思うのです。

母はよく実親との関係性について「幸せだった」と今でもたびたび言います。
で、それは月と水星がトラインであることからしてもしっかり子どもたちに流れていってて、その母の豊かさを存分に受け取った実感は私にもある。
もちろん母だって、私の祖母である実母に複雑な思いや嫌な感情を私に吐露することはあるけども、母は何かを生み出すエネルギーというよりは、「守って注いで育てる」という蟹的パワーをフルに発揮した人生。

「蟹的」といえば、横尾さんの本を読んで興味深かったのが、「模倣」が横尾さんの絵の出発だと何度もおっしゃられていたこと。
蟹といえば模倣です。

独創的で個性的な絵を描くことに興味がなく、すでに日常にあるものを切り取ってコラージュ作品にされたり。
草間彌生さんとそこがまったく違ってて、草間さんは「人の作品を模写したりコピーなどはいっぺんもない」とおっしゃる。
オリジナリティーの牡羊座だからでしょうね。

私は大学生まで絵を描くのが好きだったのですが、もっぱら漫画を写したり写真から似顔絵描いたりで、自分オリジナルで何かを生み出せないことが長いことコンプレックスでした。
生み出せないなら描く意味もないとまで思ってしまって、絵からはずっと遠ざかっていたのですが、蟹座の横尾さんが「模倣」がスタイルだとおっしゃるのならそれでいいのだと今更思えた!
今度何かを描きたい気持ちが湧いたら、大いに模倣してみます。

横尾さんと母の共通点もあって、それは「人の上に立とうというつもりがない」ところ。
それは「立つべきではない」という美学とかそういうんじゃなく、「自分が存在している」ことの純粋すぎるほどに純粋な何かは驚くほど共通してるように思えたのです。

草間さんが「(アンディ・ウォーホルなど)彼らのあの作品のヴィジョンはみな私から来ている」「私がその先駆者だった」「私がオリジナル」とおっしゃるところは、ことごとく横尾さんの考えとは正反対。
それでもしばらく草間さんを立てているように見えた横尾さんだけども、「日本の画壇のレヴェルが低い」と草間さんがおっしゃったあたりから、もう沿える部分を見つけようとすることをやめたのか、「自分はそうは思わない」と、がらっとムードが変わった。

横:レヴェル?何を基準にしてレヴェルと言うんですか?自分がその作品をどれだけ愛して描いたかということのほうが大事でしょう?
横:はっきり言って僕は人のためとか社会のために絵を描いているわけじゃない。

草:(死んだら作品が)でも残っちゃうわけよ、現実として評価されるわけです。
作品が人格を持ってひとり歩きすることが怖いんです。そのときに作家の価値が決まるわけなんですよ。
横:それは残れば残ったらいいですよ。僕にとってはいまこの瞬間、ここで話しているこの時間が一番大事なんですよ。

ああ、やっぱり。
やっぱり横尾さんはそういう方だった。
横尾さんは絵を描くとき「巫女になってる」と何度もおっしゃるけども、横尾さんからあふれる女性性がピュアなものであればあるほど、「人の上に立つ」という意識など意味をなさないことはよくわかる。
やっぱそういう人が好きで、つい信頼してしまう。

私が占いに興味を持ったのをきっかけとしてこの8年、いろんな精神世界・潜在意識のことなど勉強しに講座に通ったり、どれも浅いとはいえいろんな分野をのぞいてきました。
夢分析やヘミシンク、遠隔ヒーリングにチャクラにクォンタムタッチ…どれも浅いのは浅いけども、すべてに共通してると感じたのは「宇宙という愛」。
横尾さんの本はまだこの1冊しか読んでないけども、この「宇宙は愛」という文字が当たり前のようにそこにある。
この8年勉強してきたことがこの1冊に詰まってるように思えるこの不思議さ。

吉本ばななさんの対談では、吉本さんが占いが得意なんだというお話が出てくる。
小学校の頃からタロットを習っていて、今でもよく相談を受けるばななさん。

横:占いっていうのもいろいろあるけど、本当に神様とコンタクトしてる人の場合は、その人は単に受信装置になるだけだから。
吉:そうみたい。言ってること覚えてないとかね。「そんなこと言ったかしら」ってなるんですよ。

私が占いに取りかかってるとき「神様とコンタクトしてる」とは思ってないけども、「そんなこと言ったかしら」は往々にしてあります。
過去のメールを見ると「私がこんな言葉を送ってるのか!?」と、何かが私を通して、その人に適したメッセージを伝えてるんじゃないかなと思うことはよくあって、ブログも然り。
これは鑑定あるあるじゃないかと思うんだけど。

横尾さんのことがもっと知りたくて、本屋に走るのももどかしくつい検索してしまったワード。
「横尾忠則 宇宙人」
そしたらばこの本に書いてあることよりもっとディープな横尾さんのお話がヒットした。
その中でも特に目についたこと。

UFOを目にしたいという強い執着があるうちは現れてくれなかったけど、執着から解かれたらそれはやってきた。

時間がかかったのは思いが強すぎたからだそうで。
執着はバリヤとなってしまい、それが強すぎると何も信じてない・伝えてないのと同じことになると!!

そう、執着はよくないと、この数年でも何度も聞いてきたことですが、宇宙人がそう言っているのならやっぱりそうなのか…。
伝えすぎても伝えてないことになるなんて!!
でも「信じてない」っていうのは、確かにそういうことかもしれないですね。
宇宙に対して疑心暗鬼になるなんて、いやはや失礼いたしました…と頭をかいてみる。
横尾さんを通じて、学んできたことの復習をしてるかのようです。
いや、それを思い返せという宇宙人からの指令!?

横尾さんは自分のラッキーナンバーが「7」だとおっしゃってたけど、おそらく生年月日を全部足した数字かな(1936年6月27日)。
私もホロスコープで7度惑星3つ持ってるから、7は特別な数字。
それだけで喜んじゃうなんてね。
きっと木星が蠍座に入ったから。
「さらっと」を無理に心がけてた気持ちが、一夜にして「ディープ礼賛」へと。
ずぶずぶはまりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。