皇后さまの星

いよいよ令和です。

 

車から手を振られる新皇后・雅子さまが本当にお美しかったです。
それに陛下とご結婚が決まるころの雅子さまVTR、今見てもお洋服や髪型、素敵でしたね〜。
陛下の「雅子さんを全力でお守りいたします」というプロポーズも、何度聞いても胸打たれます。

というわけで、やはり気になるのは雅子さまのホロスコープ。
天皇皇后両陛下の星を見るというのは今までずっと遠慮していたのですが、誰もやってないというわけでもないし、失礼のないようにいつも以上に配慮しながら見てみたいと思います。

 

皇后雅子さま
太陽:射手、月:乙女か天秤
水星:山羊、金星:山羊、火星:山羊
木星:牡羊、土星:水瓶、P太陽:水瓶
P木星:双子、P土星:牡羊

雅子さまは現在55歳で木星期ですが、今年の冬のお誕生日で土星期に入られます。
月は乙女か天秤、どちらでしょうね。
もし出生時間が日付変わってすぐごろなら、その月はN天王星冥王星とより近くなります。
雅子さまの妻としての境遇を考えれば、乙女座の月なのかもしれません。
そうすると太陽ー月がスクエアになるわけですが、雅子さまはものすごいスクエア持ちの方なのです。

射手太陽ー乙女天王星冥王星
山羊金星ー牡羊木星
水瓶土星ー蠍海王星
月が天秤座の場合、山羊群とスクエアになります。

スクエアといえば「乗り越える」
スクエア持ちの方がドラマの主役だと、必ず壁にぶつかって改革をして、もう1段上の景色を見ることができた!という爽快さが描かれます。
スクエアはすんなり前には進まないようで、いったん審議・じっくり検討・やっと選択というような歩みが欠かせないのかもしれません。

雅子さまは太陽が射手座なので、元々のご職業「外交官」はまさに適性と言えそうです。
でもその太陽は冥王星とスクエアなんですよね。
冥王星は時として「国家」など、到底一人じゃ受け止めきれないような事態として表れます。

天皇陛下が魚座です。
上皇上皇后さまも太陽同士スクエア(山羊ー天秤)
雅子さまの夫となる人がまさに国民の象徴となるわけですものね…。

将来の天皇陛下と結婚されたのは雅子さま30歳・太陽期でした。
このとき、雅子さまのN太陽にはTドラゴンテイルが乗っていた

ということで一気に雅子さまは国民に認知されることとなり、またN太陽の上にはP海王星P太陽の上にはT海王星天王星が乗っていました。
運命の激変・象徴となる人とのご縁への後押しにも思えます。

雅子さまは山羊座に水星金星火星と3つ星があるので、国民的な存在となるのにもまさにふさわしいんですよね。
射手座的な外交官の職にどれほどの未練があったのか、それはわかりようがないですが、ご結婚の時に雅子さまのプログレス太陽は山羊座だったことからすると、皇室へ入るというご決断は自然に固まっていかれたのでは…と想像します。

雅子さまが帯状疱疹になられた2003年から、T冥王星が雅子さまのN月とスクエアを取り始めます。
その後、山羊座T冥王星は雅子さまのN火星の上に差し掛かり、ということは、雅子さまの牡羊座N木星ともスクエアに近づいていきます。
このN山羊群をT冥王星が通過した期間、雅子さまは愛子さまととても濃密な時間を過ごされたんじゃないかなと想像したりしました。
子どもは月で見るのかもしれませんが、私は時として「水星」に表れてるように思うことがあります。

雅子さまは今ほぼ土星期だとして、そのN土星はN海王星とスクエア。
N太陽は魚座T海王星とスクエア。
なんたって陛下の太陽が魚座ということで、その支配星は海王星。
雅子さまの海王星はこういう運命になることを知っていた・この運命方面へ引っ張ってきたんじゃないかと、勝手にドラマチックに捉えちゃいます。

雅子さまご結婚の際にN太陽の上に乗ってたP海王星は、今山羊座でN金星の上にあります。
この間までT土星がその上を通過していた、その「この間まで」という期間は、まさに上皇さまが生前退位の御意思を示されて、いよいよ!という心の準備期間…。
しかも!

雅子さまの現在のP海王星(山羊座13度)と陛下のN土星(山羊座15度)がほぼコンジャンクションです。
陛下は月も山羊座。月と土星がコンジャンクションなのですね。
陛下の妻になる人は、山羊座的な人であると言えるし、重い役割を背負う方であるとも言えます。
なんということでしょう。不思議です。

愛子さまの月は双子ですが土星とコンジャンクション。ご自身との太陽とオポジションでもあるし、雅子さまのN太陽ともオポジションです。

愛子さまのMCが山羊座。
愛子さまはN太陽とN冥王星がコンジャンクション。
陛下はN太陽ーN冥王星オポジションです。
上皇后美智子さまもN太陽ーN冥王星スクエアなのです。
皇室に縁があるということは誰よりもその運命は強烈なはずで、だとしたら強烈な星回りが庶民にもわかりやすいほどその運命を物語ってしまうということなのでしょうかね。

上皇さまは太陽山羊座で月が魚座。
陛下は太陽魚座で月と土星が山羊座。
日本国と神話と祖先と神々と…。
見初められて妻になり皇室に入るというそのお覚悟はどれほどのものだったか、想像してもしきれません。
美智子さまも雅子さまも、その微笑みを拝むだけで”わぁ〜っ”という幸福感が湧くのですからね、4日の一般参賀に赴いちゃおうかななんてにわかに思ってみたりしてます。
ちなみに5月1日はにわかに銀座までは行ってみたりしました。
お堀方面へは疲れちゃって断念!

 

(初GINZA SIX。おいしい海苔弁を買いました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。