「白い巨塔」2019

「白い巨塔」、今テレ朝で放送されてますね。

私は原作に惹かれ、その後再放送か何かで田宮二郎さん版の「白い巨塔」を見て、感動したものでした。
そして唐沢寿明さん・江口洋介さんコンビ版も伝説になった。

今回またドラマ化ということで、どうしてもこれらと比較されちゃうのはやむを得ないでしょうね。
でも正直、1話の録画数分で見るのをやめたくなってしまった・・・

でもでも見ています!
今日は第3話。

いろいろ言いたいことはある。
見続けよう!と思えたのは、今回新しく登場した女医・市川実日子さんの演技が一癖も二癖もあって、もう夢中になってしまったから。
野坂教授という、財前をクールに突き放す役は本来男性なのですが、令和版として女性にしたのですね。
これはお見事と思いました。
髪をかきあげる仕草がムカつくというかかっこいいというか…!

 

いろんな言いたいことはあとで書くとしてひとまず役者さんたちの太陽星座を並列してみたいと思います。(敬称略)

財前五郎:岡田准一・・・蠍座
蠍座っていうのがいかにも「外科医」という感じです。
ただ手術シーンがあまりにも少ない!
財前五郎といえば手術の腕前が教授の腕前をしのぐほどであり、「性格に難ありだけど仕事ができる」というところがこれまで強調されてたように思うのですが、今回のドラマでは岡田くんが仕事してるように見えないんですよね(笑)
何を考えてるかわからない、裏の画策が得意というところも蠍座っぽいといえそうです。
ちょっと演技がオーバーなのは、あれはなんだろう?と気になってしょうがないです。

里見脩二:松山ケンイチ・・・魚座
魚座っていうのがいかにも優しくヒューマニストの里見先生です。
患者1人にかける診察時間が長すぎると怒られてました。
魚座って人の話ずっと聞いちゃうから…。
若かりし財前と里見が東教授の家で勉強会をしてて、「お昼食べましょう」と教授の奥さんから声かけられてすぐ腰を浮かす(それを恥じる)松山さんがすごく可愛かったです(笑)

花森ケイ子:沢尻エリカ・・・牡羊座
牡羊座っていうのがいかにも明るくキップのいいホステスです。
令和版白い巨塔は、ちょいちょい挟まれるセクシーシーンが不気味です(笑)
そのセクシーシーンの9割を担当されるのが沢尻さんですが、岡田さんに前抱っこされる沢尻さんの脚がまたエロいのなんのって。
プールに抱き合いながら入る2人とか、「教授選が控えてるのに何やってんだろ」って一視聴者をハラハラさせるはしたなさがあります。
太地喜和子さんの、五郎ちゃんにバシバシだめ出しするケイ子をまた何かの機会に見返したくなったりします。(それほど太地さんがリアルだった)

東教授:寺尾聡・・・牡牛座
次期教授選に財前を推したくないあまり、他大学に根回ししたり面倒なことばかりして結果思い通りにならなかったみじめさが際立ちます。
財前を推したくないのは、あんな上昇志向が強くて無礼極まりない男に教授の資質があるはずないと、この至極当然な思いの素朴さは牡牛座っぽいとも言えます。
寺尾さんの演技がネチっこいのなんのって。
素朴なあまり裏工作に神経使いすぎてうまくいかなかったどんくささも牡牛っぽいと言えるでしょうか(失礼)。
岡田財前とはオポジション。2話までは2人の対決がメインに描かれてました。
軍配は蠍財前。
しめしめ…って表情から一転、愕然とした演技などが本当に素晴らしかった寺尾聡さんです。

鵜飼教授:松重豊・・・山羊座
松重さんがまたうまい!!
「(名刺)早く出してよ〜」っていうあのCMっぽい困った演技が随所に見られてたまんなかったです。
いかにも自分はズルなどしてないと、「困ったなぁ」という守りのスタイルが山羊・土星座っぽいでしょうか。価値のある絵画や権力に弱いとことかも。
かなりこじつけです。

野坂教授:市川実日子・・・双子座
「どっちつかず」という、財前に票を入れるか入れないのか人から見てつかみにくいところはまさに双子っぽいでしょうかね!さすが柔軟宮!
かっこいいんですよ。市川さんの教授スタイル。
仕事を終えて帰るときの服装がいかにもお金持ってそうにファッショナブルで、そこもクールな双子っぽい。
市川さんは財前のこと「大っ嫌い」と言いますが、結局財前に弱み握られたんでしたっけね…。
でも誰に票を入れたのか、周りからは最後まで不明だったようで。
ここに市川さんをあてるなら、財前は長谷川博己さんがよかったんじゃないか…なんて思ってしまいました。あの2人ってスタイルのバランスがとてもいいんですよね。
もしくは財前長谷川・ケイ子実日子でしょうか(ただの希望)。

佃局長:八嶋智人・・・天秤座
八嶋さんが岡田さんの下というのがどうにも不自然です。
でも八嶋さんって誰かの部下役がぴったりなんですよね(笑)
しかも根回しが根回しになってない適当さ。
「あなた方、わざわざこんなことしに金沢へ…?」とライバル教授に睨まれた時、「はい!」と即返答しちゃうシーンは笑いました。
アドリブ?と思うほど間抜けな返事。うまいなぁ。
財前のために奔走するのは財前のためじゃなく自分のためとはっきり言ってた八嶋さん。
天秤的バランス感覚は、TVを通じてこちら側にも感じられます。

財前又一:小林薫・・・乙女座
財前五郎は、この財前家に婿に入ったのですね。妻方の父親役。
自分が大学教授になれなかったからせめて婿には教授になってほしいと、どんなに金忍ばせても頭下げてでも財前に1票を!の道筋をつける強烈な役です。
田宮版白い巨塔では、曽我廼家明蝶(そがのやめいちょう)さんという、関西弁の下品さがお見事な役者さんでしたが、小林薫さんもまたそんな感じのいやらしさがさすがです!!
豪快で欲を隠そうとしないから単純に見えるけど、ふとした目つきが怖い。
乙女座っぽさは…何気に計算高いところでしょうかね。根回しに余念がないとことか!

財前杏子:夏帆・・・蟹座
ちょっと財前夫妻、若すぎませんかね。
夏帆ちゃんは東教授の娘役でもよさそうに思いますが、いかにも蟹座っぽい素朴な箱入り娘感でもって抜擢されたのでしょうか。
本ではもっと贅沢好きに描かれてたように思うのですが、夏帆ちゃん素朴すぎる!
これから派手になっていくのかな?
愛人の沢尻ケイ子とは太陽同士スクエアとなるので、ちょうどぴったりとも言えそうです。

東佐枝子:飯豊まりえ・・・山羊座
飯豊さんまだ21歳!既婚の里見先生に想いを寄せる東教授の娘。
唐沢版では矢田亜希子さんが演じられてましたね。
矢田ちゃんも山羊座でした。
時々親の会話から漏れ聞こえる、医療界の権力重視の不誠実さに耐えられない正義感が山羊座っぽいと言えるでしょうか。

里見三千代:徳永えり・・・牡牛座
里見先生の妻役です。
徳永えりさんという方はなんで団地っぽいアパートがあんなに似合うのでしょう。
「おかえり」と里見先生を出迎える姿はグレーボーダーのトレーナー。
髪は一つ結び。その普通感こそザ・牡牛座です。
牡牛座大賞にしたいです。
魚座の松山さんとセクスタイルで穏やかな夫婦です。

東政子:高島礼子・・・獅子座
教授の妻という華やかな地位を死守したいキツさが獅子っぽいでしょうかね。
高島さんのああいう役柄、嬉しいです。
唐沢版では高畑淳子さんでした。
確かあの役から「この強烈な人だれ?」って評判になったんでしたっけね?
高島礼子さんは贅沢三昧の役が本当にお似合いです。

菊川教授:筒井道隆・・・牡羊座
東教授が財前を教授にしたくないがために、わざわざ根回しして呼んできたのが金沢国際大学の菊川教授。
牡羊座にしては意志が強そうでもなく(余計なお世話)、最初こそ朴訥風に戸惑ってましたが、佃局長たちが「教授選降りてください」と金沢までお願いしに来たとき、「自分から降りるつもりはない」ときっぱり一喝されてました。さすが牡羊座!
こういう役で筒井さんを見られるのは本当にありがたいです。

 

そのほか大河内教授には岸部一徳さん(山羊)、筒井さんを紹介した船尾教授は椎名桔平さん(蟹)、財前の下で悩み抜く柳原には満島真之介さん(双子)、そしてこれから医療裁判編となって患者側・斎藤工さん(獅子)、財前側・山崎育三郎さん(山羊)が弁護士役として出られるそうで。
岩松了さん(牡羊)とかもまたいやらしい笑みを浮かべる役で、すごいなぁと楽しめました。
市川実日子さんはこれ以降あんまり出てこないかなぁ。どうだろう。まだ拝みたいです。

 

ほとんどの配役は素晴らしいはずなのです。
やっぱり寺尾さんと松重さんがすごい印象的だった。
この大御所をしのいだりギャフンと言わせるには、どうも岡田さんが若く見えすぎちゃう感じもします。
ジャニーズだからでしょうか。すごい健康的に見えるからかな。
白衣に浮き上がるたくましい背筋は確かに色気ではありますが…。
岡田さんと沢尻さん、岡田さんと夏帆さん、岡田さんと松山さん、あのあたりだけが幼く見えてしまって、このドラマは今の時代ならもっと中年世代が演じた方がいいはずなんですよね。
堤真一さんとかそれくらいじゃないと説得力や知性がにじみ出てこないんじゃないでしょうか。
いろんな挑戦があったのだろうけど。

そもそもこの令和版は、財前五郎という人物像を大して掘り下げてないんですよね。
「みんな原作知ってるでしょ?あの財前を今度は岡田さんがやるよ」という、「あの財前」というところをこちら側の認知度に委ねちゃってる気がするのは私だけかな。
財前ってこんだけ非情でもこんだけ仕事ができる・それじゃぁ上り詰めてもしょうがないよね、っていうあたりが全然描かれてなくて、やたら岡田財前がオーバーアクションで偉そう…という。
とことん嫌な奴だということはよくわかりましたが、財前にも心はあるはずなんですよね。
まぁ5日間で教授選・医療裁判・財前の病気編をやっちゃうのだから、視聴者の共通認識に委ねるところがあってもしょうがないのかな。そんなの許せないけど。
周りのベテラン勢の印象ばかりが残る不思議なドラマです。

岡田さんは第3話直前のアメトーークに出てましたが、そっちのほうが雰囲気ぴったりなんですよね(笑)
火星は射手座だし、ひらパー兄さんみたいなコミカルさをもっと拝見したい…勝手な意見です。
でも最後までちゃんと見届けようと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。