蠍座の原田さん

この間の「5時に夢中!」金曜日は見ものでした。

MCの原田龍二さん大拷問の日。

オープニングで原田さんはいきなり頭を下げ、中尾ミエさんの大笑いが止まらず、ミッツ・マングローブさんが文春の記事を大声で読み上げる。
こういう日に限って堀江貴文さんがゲストだったりする。
好奇心たっぷりにニヤニヤ・ネチネチ原田さんを追い詰める図は、なんか爽快感あったんですよね。

 

そうはいっても「なんも信じらんない」と思ったりしました。
いかにも誠実風な原田さん。
水谷千重子明治座公演を観に行ったとき、原田さんは何かというと半裸になるお侍さん役でしたが、そのフェロモンは確かにすごかった。
脱ぐとわかってて「きゃー!」と、こちらを変な気持ちにさせてしまう色気がほとばしってたのですよ。
そりゃぁ誘惑多いはずですよね。
それでも!
誠実なんだと思ってた。まんまと。
だってミッツさんも突っ込んでたけど、「僕は一切そういうのはありませんから」って、誰かの不倫報道が出るたんびに言っていた。

芸能人の「モテない」「交際してません」「誠実です」は信用すべきもんじゃないのかな。
LINEのやりとりとかやっぱ驚きましたよね。
「お前の体が見たい」「尻」「ムチムチの」…!

 

原田さんのホロスコープです。

原田龍二さん(48歳)は太陽蠍座で、蠍座過多なんですよね。
蠍座に5星お持ちです。
なんと全天体の半分が蠍座という。

奇しくもP太陽は、T木星とコンジャンクションでした。
やっぱり木星って「顕在化」する。暴くんですよねぇ。
ちなみに千原せいじさんは太陽水瓶ですが、年齢域惑星のP木星がT木星とコンジャンクションでした。

原田さんはその蠍座金星と牡牛座土星とがオポジション。
これが「ストイックな肉体派」として表れてるように思います。
しかも木星期に入った途端、裸のお盆芸されたり写真集を出されたり。
しかし前に地球星座のとこでも書きましたが、太陽星座のことであがくとろくなことがないんですよ。
原田さんだったら蠍座的「性」のことであがいちゃったというか、欲を出しすぎたというか。
やはり地球星座牡牛座的に「健康的で誠実な肉体派」として活動してこそ原田さんはこれだけブレイクしたわけで。

 

ところで「蠍座」といえばよく「一途」とか言われます。
水星座なので情は深いし、固定宮なので変化を嫌う。
でもこれだけ蠍座過多の原田さんでも浮気性であるという。
現在の奥様と結婚する前も、ずいぶん浮気をされたそうで。

それはP太陽が射手座だから、「奔放」「手が早い」と表れてしまうところもあると思いますが、そうはいっても蠍座過多。
特に金星が蠍座、しかも土星がオポジション。なのに!というショックは私も受けました。

しかしあの「10分」に、いろいろ表れてるように思ったんですよ!

原田さんはなぜ簡単にコトを済まそうとしてしまったのかという記者からの問いかけに、奥様がスケジュールを把握されてて、そのスケジュール通りに帰らないといけないという観念がおありだったそうで。
これがまさに金星ー土星オポジションだなと感じてしまいました。
原田さんの縁のある女性は管理が厳しいとも言えるし、原田さんも遊ぶ女性に対してケチとも言える。

蠍座はなんだかんだ「固定」なんですよね。
守りたいものがあるからこその10分?
それに非情な面もある蠍座です。
太陽星座をギンギンに「性」でお使いになるという。

ご家族にとっては気の毒ですが、お相手する女性がもっと増える前に暴かれてよかったんじゃないでしょうかね。
原田さんの月は乙女座ですが、どうも乙女座ってキマりきれないんですよね。
また火星は天秤座ですが、あまり配置がよくないと言われてます。
火星天秤の男性もこじらせ傾向にあるのです。

 

というわけで、好きな男性が蠍座がちでも土星がちだとしても、「安心」とかそういうのないんでしょうね。
まぁ、原田さんはあのルックスだし芸能人だしってところは一般庶民とは違うでしょうけれど、太陽蠍座の方でもP太陽が射手座のうちは、それなりに奔放なのだと思います。
蠍座なのに結婚したくない(縛られたくない)という方も、男性でも女性でもいらっしゃるかもしれません。
逆にP太陽が山羊に入ると結婚願望が増します。
誠実さというよりかは社会的な自分を安定させたい表れ。
というか「誠実さ」ってなんでしょうね。
みんな何で誠実さをはかるのでしょうか。

 

水星が土星座とか水星座だと、いかにも誠実風に「永遠」が感じられる言葉でぐっとさせられるかもしれませんが、それは言葉でそう言えるってだけかもしれません。
でも土星座がちの人は(金星や火星など)約束はすれどもいかんせんムードがない。
また「好き」「愛してる」とかを言葉で言うのを嫌います。
そんな言葉とかより「一緒にいる今」、これで十分じゃないかと思うので情熱を表したがらない。

一方、火星座がちの人は情熱的な言葉や態度を表してくれるかもしれませんが、その熱さは長続きしません。
風星座の人はのらりくらりかわし続けるけど、もしかしたら風星座の決断ってすごく貴重かもしれません。
とにかく言葉でも確かさが欲しいんだと迫ると、特に柔軟宮の方などは逃げ腰になるでしょうかね。(双子や乙女)

原田さんは太陽も水星も金星も蠍座で、乙女座がちで土星オポジションがあって。
ただ天秤の火星がみんなの王子様でいたい願望を表すとも言えるし、また金星は海王星とコンジャンクションなので「性欲が強い」なんてことまで暴かれてしまいましたが、性に対して常識を超えちゃったということで。
それでも家庭生活においてはやっぱり誠実なはず。
モテ期って羨ましいけど怖いですね。

 

自分は恋愛や人間関係でどんなムードを求めるのか。
それは月や金星に表れるのかもしれませんが、あくまで「好み」に過ぎない気がします。
好みを好みどおりに満たしたい。
だけどそれはかなわないこともある。
一体どの惑星が何だったらその気持ちが本物かとか、わかんないですよね。
もう目の前の「縁」、それで十分じゃないかという気がします。
ただその縁も、、
自分の潔癖さでもって許せなかったらもうそれまでとか、そうやって終わる関係性もあるかもしれないし。
誠実さとか縁とか、考えるとわかんないです。
考えるものじゃないのかもしれませんね。

 

↓↓↓原田さん(写真集より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。