能年ちゃん祭り

今日は「笑っていいとも!」テレフォンショッキングゲストが
能年玲奈さんということで、
いいとも予約録画をしてました。

でも~能年さんが出るテレフォンショッキングだけ録れればいいんだよな~と思ってたら、
通常テレフォン前に2個あるコーナーが今日は1個で、
そのあとはずーーっと40分近く
能年さん&タモさんトーク!
ゲッターズ飯田さんまで出てきて占いまで!
そしてエンディングにも
付け髭つけて登場!!!

能年さんのトーク番組での天然ぶりは
噂では聞いてたものの
ちゃんとお目にかけたことはなく、
かねがね能年さんのトークを楽しみにしていただけに、
今日の「能年ちゃん祭り」ともいえる
いいともの能年ちゃん歓迎ムードは、
こちらも嬉しくなるものでした。

しかし、それにしても…
中学3年生みたいな能年さん。
いや、小学3年生・・・
ってか、赤ちゃん・・・?

目がくるくると動いて、
自信なさげなささやき声で、
「ふふっ…」と肩をすくめる…。
ゲッターズ飯田さんに、
「実はこういう人」と言われても、
自我がまだ芽生えてないみたいに
どれもピンとこないような表情で、
「そーかなぁ…そーかもです」
って表情に、なんだかほっとしました。

でも、「何が好き?」とタモさんに質問されて、
「絵を描くこと」
「魚のフォルム」
「ヒゲ」
とかとか(笑)
はっきり率直に答えられてたから
自我はないこたない。
自作の絵まで披露!
生放送の能年さん、
録画して本当によかった{いちご}

あまちゃんではGMTとしてダンス踊るシーンがあったけど、その時の話で
「仲間と何かするのがすごく楽しかった」
とおっしゃってた。
蟹座に太陽と水星があるからだろうな。
学生時代はいくつかバンドも組んでたみたいだし。
蟹座は集団で何かすることに向いてます。

そしてその太陽・水星は、
山羊座の天王星・海王星と180度。
これだなと。
ぽわ~ん、ぽわぽわ…
ふふっ…ぼそぼそ…

海王星と個人天体がアスペクトを取ると、
お酒が入ったような浮遊したようなふわふわ感というか、不思議ちゃんな感じが漂いやすいと思います。
でも感性・芸術性もあふれ出る。
能年さんの場合は、その海王星が
ぶっとび変革、な天王星とくっついてるので、
周りを大いに「は…?」
とさせるような、それがメインの個性と。
しかも、蟹-山羊ラインなので、
国民を代表するような何かに抜擢されたのは、
蟹座木星時代の今年、必然っぽくも思えます。

パリコレとかお笑い芸人の夢とか
バンドとかヒゲは、
金星双子座withドラゴンテイル
から表されてるように思いました。

双子座は好奇心旺盛。
しかも、「え、そこ?」みたいな
マイナー世界への追求心を感じます。
ドラゴンテイルは、
すでに過去生でやってたこと
=だから今生でもうできる能力が備わってること
とも言われてるし、
アンダーグラウンド
=マイナーな裏世界と書かれてるものも目にしたことがあります。

GMTみたいな、
潮騒のメモリーズみたいな、
マイナーグループ活動みたいなことを、
能年さんは前世でもやられてたのかもしれません。
これからもサブカル的な役に恵まれそうな気がします。

こんなに応援したい気持ちが芽生えるのも、
能年さんの星と私の星が
あちこちヒットしてるからかな。
120度という吉角をとっていたり。

 

私が能年さんと同じ年代で同じクラスか部活だったら、
きっとお笑いコンビも組もーぜ!って
はしゃいじゃっただろうし、
バンドも、やろーぜ!って
ノリノリでいろいろ楽しんじゃえそうな妄想が湧く。
小学生とか中学生の思いつきって
「ばっかでぇー!」なんて
互いに指さし合ってゲラゲラ笑うようなものでも、
実はすごくキラキラしたものが詰まってる。
「あまちゃん」見てて、なんかそんな
若かりしウズウズが呼び起こされた気がしたのです。

最後のエンディングではふなっしーと共演してたけど、
どうしていいのかわからない表情の能年さんに、
やっぱり親近感が湧きました。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。