鉄分生活と千葉

先週、鉄瓶を買ったからかわかりませんが、その後まったく頭痛はなくなりました。

鉄分の摂取と頭痛解消が関係あるのかもわかりません。
同じころホワイトセージの葉も焚くようになり、あのセージの煙に触れたすっきり感はすごかった。
ネガティブなことがすーっと吹き飛んだような気がして。
体調不良の星回りも、どんどんアスペクトゆるんでいることも関係してると思います。
あと頭痛のピーク時は生理終わりかけ。
エストロゲンが減ってるピークとも言えるかな。
いろんなタイミングは不思議に同時にやってくる。
というわけで、今はずいぶん健康です。
一時は鬱になるんじゃないかとすら思いました。
なぜか家族も不安定で。
台風前の気圧とかも関係あるでしょうかね。

 

鉄瓶でお湯を沸かして飲むのはもっぱら緑茶です。
しかし!!
せっかく摂取した鉄分は、タンニンに吸収を阻害されるという記事発見!
というわけで、今度はにわかに鉄フライパン熱。
ネットであれこれリサーチして、合羽橋まで買いに行ってきました。

しかし鉄フライパンはむちゃくちゃ重いです。
ということで鉄中華鍋にしました。
知る人ぞ知る山田工業所の打ち出し鍋。
鉄鍋といえば有名らしい釜浅商店へ。(ここからしばらく鉄鍋の話です)

合羽橋の中では珍しくオシャレ感漂う店構え。
入り口には山田工業所中華鍋が並んでいる。

ほかでも釜浅商店よりずっと安く山田工業所鍋が売られてるのに、なぜかみんな釜浅で買うという記事を目にしました。
どうやら他の店では錆止めが塗ってあって、鍋を買ったらまず「空だき」という工程をしないとならないらしい。
直火に当てて煙もうもうとなると。

釜浅の山田工業所中華鍋は空だき不要とのこと。
しかもワケあり品を買ってきたので、ずっと安く3100円くらいで買えました。
青く変色してるところがワケあり部分。
そしてこのタイプ、めっちゃ軽い!
27センチ厚さ1.2ミリ。
鍋振りできるし、このサイズならうちの狭いシンクでも洗える。
(30センチと迷ったけど、たぶんシンクでつっかえる)

空だき不要でも、「ならし」という作業は必須。
洗ったあと野菜くずを炒めて、満遍なく油を行き渡らせる。

最初の調理はブロッコリ炒め。なんかすごく美味しい気がした!!

木製ハンドル付きと迷ったけど、ずいぶん値段が跳ね上がるし、釜浅では在庫切れだった。
なのでタオルを巻く。
煮物っぽいものも作ってみたりして。

 

いやぁ〜これで鉄分とれちゃうのだろうか。
鉄骨娘かね(ふるい)
鉄骨娘といえば、鷲尾いさ子さんの存在を職場の平成生まれたちは知らなかった模様。
仲村トオルの奥さんだよと言っても、はぁそうですかという感じ。
そうなのか〜。

 

合羽橋は今まで何度来ても楽しみ方がわからなかった。
あそこは目的を持つとにわかに楽しくなるようです。
今は木製のまな板とちゃんとした包丁が欲しい。
あとコーヒーを入れる何か。
どうしたんでしょう。
来週からP太陽が乙女座に入るからかな。
道具への興味。天然素材。
乙女座だと健康問題も関係ありそう。
より頑丈な体の基礎づくり元年だったらいいな。

 

ところで千葉の台風被害は甚大ですね。
しかも今まで行ったことある思い出深い土地が次々ニュースに出てきて、心がざわつきます。

鴨川市の江見海水浴場。
おじいちゃんの会社の保養所があって、いとこたちと毎年ここで顔を合わすのが楽しみだった。
小学校の時の思い出。

横芝光町の九十九里海岸。
高校生のとき、友達の親関係の保養所があるというので2泊ぐらい滞在。
女4人。
年頃の私たちは異様に夜に怯えて部屋に閉じこもってたな。
外では花火の音がしてたのに。

天津小湊(アマツコミナト)
24歳、会社の同期と恋愛関係になるかならないかのころ。
たまたま読んでた旅行雑誌で「天津小湊でイルカの目撃情報」を目にして、車をこよなく愛する彼に「千葉にイルカ見に行こう」とかなんとか誘ったんだよ、確か…。
居やしませんでしたよ。イルカ。でもいいんだ。
あのとき、千葉突端の野島埼灯台で魚介食べたりしてね。
どこかふらっと立ち寄った温泉のお湯は真っ黒だった。いいお湯でした。

それこそ君津のパーキングエリアで仮眠したよ、確か。
1泊の予定が2泊になってしまい、それを親になんとか言い訳をする。
「友達が眠くなっちゃってこれ以上の運転は危ないから…」と。
「今どこにいるの?」
「き、きみつ・・・」
親もなんでそんなとこに…と思っただろうな。

銚子の犬吠埼は大学生の頃、彼氏と初日の出拝みに行ったとこ。
げっぷを繰り返す酔っ払いのおやじにさんざんおびやかされてたけど、日の出直後におやじは崖から転落して、血まみれでおやじが這い上がってくるというホラーを体験しました。

33歳ごろには鹿島神宮行くために成田エクスプレスに乗った。
成田山新勝寺の成田だよなぁという感慨を振り切り成田線へ乗り換え。
途中、水郷の佐原を通ったりした。
鹿島神宮からの帰り道は幕張行きのバス。
武蔵野線を使って実家まで帰ったっけ。
ブラタモリの佐原の回もすごいおもしろかった。伊能忠敬ゆかりの地。

神奈川よりも栃木よりもずっと千葉に思い出があった。
せつなく思い返しちゃったな。
今回の災害で、千葉ってすごい山深いところたくさんあるんだなと改めて思いました。
暑さが収まって本当よかった。
自分ならすぐぶっ倒れてただろうと思う。
どうかご無事で・・漠然とした願いしか抱けません。

今日は日記2本立てみたいな感じです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。