君は少女かアダルトか

この間の「徹子の部屋」のゲストは長谷川博己さん。

長谷川さんは声が小さくて、正直何を言ってるのか数割ほど聞き取れませんでした。
でもあの「目」がやっぱり好きです。
色気と少年っぽさと異常性が感じられるのです。

その長谷川さんが出られたという新しい映画「この国の空」の予告編も流れていました。
戦時中のお話で、「文学作品に飢えていた」という長谷川さんにとって待ち望んでいたような作品だそうです。
主役は二階堂ふみさん。

まだほんの少女の二階堂さんが、長谷川さんに後ろから抱きすくめられるシーンが流れてた。
それだけでなく、二階堂さんの口に長谷川さんが指を入れて、二人なにやらうっすら笑っているようなシーンまで…。

エロっ!しかし、美しいっっ…!!

二階堂ふみさんは、外見ものすごく「少女」ですよね。
だけど、それがいっそう「色気」や「やらしさ」を感じさせる。
長谷川さんとの絡みに色気を感じたのはもちろんですが、でも一番ゾクッとしたのが、二階堂さんがうつぶせで物思いにふけってる姿。
もちろん服着てます。
戦時中の質素な格好。
夏の暑さに、汗ばんでるような。

ただ少女が昼寝してるような姿なんだけど、母親は娘の変化に気づいたりするんじゃないだろうか。
そういう、背中とかから「あふれさす」ような演技までできるってのは、本当にすごいことだと思います。

二階堂ふみさんは、外見は少女・少女してますけどね。
なのに・・・。
この「なのに」ってとこが「色気ポイント」だと思うのです。

そんでホロスコープチェック!

二階堂ふみさん
太陽:乙女、月:牡羊、水星:天秤、金星:、火星:

ははぁ!
「外見が少女」ってのは、まさに太陽が乙女だからかなと。
「なのに」ってそのゆえんは、蠍座金星なんでしょうね。
しかも二階堂さんの金星は木星・ドラゴンヘッドとも近く、過剰にアダルティーなエロスにどぎまぎしたのも、合点がいきました。

月の牡羊は、「だけど迎合しないわよ」ってな野性的反抗心を感じます。
そこにまた「い~ねぇ」って表情崩すおじさんたちが多そうだな。

ドラマやバラエティーなどで女性たちを見ていると、どの方からも少なからず色気が出ているものだと私は思うのです。
というか現代のTV全般、「君はどんな色気を出してくれるのかな?」ってな、視聴者総AV監督みたいな目線で女子を見てんじゃないのかしら。
女性は男性ほどエロを見出そうとはしてないかなぁ。
どうかなぁ。

男性は、あふれるものがどんな色気であってもそれぞれ「受け皿」がありそう。
女性は、まだまだアダルティーな色気に嫌悪感を抱きがちです。
「少女性」や「無邪気感」を好ましく思う傾向がありますね。

本当はすべて演出されているものなのだとしても、「演出されてない」みたいな「天然」ならば、とりあえず無意識下で「よし」とする。
女の余裕ポーズは、同性として危機感を感じるものだと思うのです。

ホロスコープで言えば、外見で「そう見える」ってのはやっぱり太陽が放っているのだと思います。
ASCも外見を表しますけど、芸能人は「己」を輝かす仕事ですからね。
太陽でピカーッと。
だけどあふれさせてしまうものは月と金星じゃないのかな。
火星は、「物語を振り返ってみたならば貫かれているような気概」みたいな感じでしょうか。

そんで私が「少女性」と感じるのは、牡羊座~乙女座の前半6サイン。
「アダルティー」と感じるのは、天秤座~魚座の後半6サイン。

前半6サインは、いつまでたっても「女学生ノリ」です。
女生徒の中にぽつんと男性が1人入ってきたならば、「男子よ、男子!」「ダンシがいるっ!」って、口に出さずにはいられない感じで困惑しながらもテンション上がるというか。

あと、いっつもクールでツッパってる風でも、なんかドジな局面に立たされた時に「ぽ」と顔を赤らめるような「乙女」が出ちゃったりとか、そういうんで魅力を得てる方は、前半6サインに月、金星をお持ちの方が多いでしょうかね。

後半6サインに月か金星をお持ちの方は、「男子がいました。だから何?」という動じなさ。
いちいち浮ついたりせず、どこか冒険に誘われても「ああ、いいですよ、行きましょう」とか「うーん、それはできないです」ってきっぱり断ることできたりとか。
前半6サインの恋心が「きゅんきゅん」「どぎまぎ」と、内面も外面も騒がしいものだとしたら、後半6サインはゆーったり。
その代わり、恋の嵐も必死さとか深刻さとか、スケールでかそうです。

毎週「花燃ゆ」を楽しみにしてるのですが、井上真央さんの演技にすごくすごく胸を打たれてます。
夫である久坂玄瑞が自決してから、「凄み」が増している。
そのうち井上真央さんについての記事をアップしたいと思いますが、奥勤めとなった井上真央さん「みわ」の、いまや心強い味方である田中麗奈さんの演技にも胸打たれます。

田中麗奈さんは「銀姫」という位が高い方で、最初は井上真央さんにいじわるをしてましたけど、「嫌いじゃ」と何度も言いながらも、みわにだんだん心を開いていくその表情には感動しました。
田中麗奈さんのサディステックな面と、心を開く過程でぽろり見せる少女性に惹きつけられたのです。

田中麗奈さん
太陽:双子、月:獅子か乙女(境目3時頃)、水星:双子、金星:、火星:乙女

月はどっちでしょうね~。
「なっちゃん」を思うと、獅子座にも思えます。
乙女座にはほかに木星も土星も入ってて、月が乙女だったらすごい乙女座マジョリティ。
サディスティックな面は月の獅子由来か乙女由来か。
「ぽ」とドジ見せちゃう少女性のゆえんは、やはり月・金星両方とも前半6サインってことでしょうか。でもパーソナル惑星すべて前半サインなのですね。

最近は、疲れたアラサーみたいな、アダルティーな雰囲気漂う役が多いですけど、なんだかんだ「意識しぃ」で、牧歌的な少女性でいつも恋をだめにして、こじらせちゃってるみたいなストーリーがよくお似合い。
「花燃ゆ」ではご懐妊されて、一応想いは遂げられましたけどね、そこに至るまではもぅ少女の部分が騒がしくて、クスッと静かに微笑む井上真央さんとの対比にまた感動…。

そのほか気になった女性を思いつくままに並べてみます。

ローラさん
太陽:牡羊、月:牡牛か双子(境目19時頃)、水星:牡羊、金星:水瓶、火星:水瓶

見た目は思いっきり無邪気で、いつまでも大人にならないような少女性漂ってますよね。
ですがね、、ローラの魅力は「なのに」アダルティーな色気を深く印象に残すトコなんじゃないかと思うのです。

永作博美さん
太陽:天秤、月:牡羊、水星:天秤、金星:、火星:乙女

「少女性」といえば永作さんです。
だけど、同時にものすっごくアダルティーな色気が放たれていることも、全国民が知っているような…。
少女みたいな笑顔の裏の「余裕感」が、実はちょっと脅威。

石田ゆり子さん
太陽:天秤、月:、水星:天秤、金星:乙女、火星:山羊

石田ゆり子さんって、少女性?アダルティー?
ジャッジが何気に難しいお方です。
ホロスコープから言うならば、見かけは天秤のエレガンスなアダルティー風を放ってて、だけども恋すりゃドジで「ぽ」な少女性が可愛らしいお方、でしたね!

膳場貴子さん
太陽:、月:天秤、水星:水瓶、金星:牡羊、火星:山羊

膳場さんはどうしたってアダルティーでしょー!って勝手に仕分けたくなります。
太陽は12サインの12番目:魚座。
慈母みたいな色気を感じるのは私だけじゃないと思います。
しかし金星は最も無邪気な牡羊座!
少年のような率直さを、プライベートでは存分に放っているのでしょうかね?
裏表のなさそうな爽やかさが「牡羊感」といえるかもしれないですね。

月の天秤は自己コントロールに長けてそうだし、無邪気さをそうそうさらけ出すわけにはいかない国民的アンカーウーマンは、山羊火星から「気概」という色気を放っているのでしょう!

 

男性は、どうでしょうね。
男性の並列って、なんか最近つまらないと思っちゃって。
「ドラマ」というくくりで並列するのは、「ど根性ガエル」のとき楽しいって思ったけど、「個性」というその微妙な「差」を、女性ほどには楽しめてない。

やっぱり男性視聴者は総AV監督なのだろうかな。
エロを必死で探してる。
だから女性の個性がその視線で育てられるのかしら。
男たちからの視線でどんどん魅力がアップする女性たちを、TVのこちら側でまぶしく見つめたり嫉妬したり、引きずり下ろすムード作ったりする女性視聴者の熱もまた刺激で。

求めたり見いだしたりする視線や熱は、確実にTVの向こうに届いてる。
芸能人の個性展開度は、こちら側の視聴テンションにかかってるのかもしれないです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。