「カルテット」

「カルテット」もう3話ですね。

2話目では涙もちょろっと…。
菊池亜希子さんと松田龍平さんの曖昧な関係。
そこがすごくリアルに描かれていて。

あぁ、White Love…

松田龍平さんはかっこいい役より、モテから外れた役の方が好きです。
菊池さんを押し倒すシーンはもちろんかっこよかったけど、「子ども」みたいな何かもにじみ出てて、菊池さんの母性とすごく噛み合ってた。
いつも眠そうな目は本当の早朝シーンがとても似合う。
ストーカー一歩手前で「ずっとあなたを見てました」っていう役も本当ぴったりです。

このドラマの何がすごいって、やっぱり松たか子さんだなって思っちゃう。

産後初めての連ドラかな。
松たか子さんはかつての活躍から下りたというような役どころ。
輝きを自ら消すような演技。
ちょっと駆けるシーンとか、いかにも遅そうに。
きっとそう演じてるのだと思うのです。

ただ、楽器を持つと人が変わる。
輝きを放つ。
そんなところにすぐ気づいたのが、また別府さんなんだけど。

松たか子さんはその「目」がすごく印象的。
まぁるい目は相当正直で、嘘をスルーできない。
人を射抜くしヒヤッと時に冷たいんだけど、優しく見守るし、くるくると愛らしい。

満島ひかりさんも魅力的です。
どうもクセのある子、すずめ。
満島さんのボサッとしたヤンキー感は結構好きです。
満島さんも楽器を持つと数倍大人になるし、色気も出るのですね。

高橋一生さんの声の低さにはびっくりしました。
あそこまでだっけ!?
高橋一生さんを認識したのは、杏さん主演のお受験ドラマ、尾野真千子さんのキモいエリート旦那役でですが、「この人かっこいいんじゃん!」って気づいたのは、そこからずっと後だったような。
めんどくせぇーし、ゲスなやつですよ(家森がね)。
その上ヤバそうな関わりもあるなんて…どうなるんでしょうね。

ホロスコープを並列してみます!

松たか子さん(39歳・火星期)
太陽:双子、月:牡羊
水星:牡牛、金星:牡牛、火星:牡牛

満島ひかりさん(30歳・太陽期)
太陽:射手、月:蟹
水星:射手、金星:蠍、火星:天秤

高橋一生さん(36歳・火星期)
太陽:射手、月:射手か山羊(境目3時頃)
水星:射手、金星:蠍、火星:山羊

松田龍平さん(33歳・太陽期)
太陽:牡牛、月:魚か牡羊(境目7時頃)
水星:牡牛、金星:双子か蟹(境目20時頃)、火星:牡牛

松さんの双子・牡牛部分と、満島さん・高橋さんの射手・蠍がオポジション。
松さんの牡牛部分には、松田さんの牡牛部分がコンジャンクション。

1話ではまず松さんー松田さんの距離感が描かれてましたね。
まだみんな距離感があるけど、松田さんが松さんを見る目はどうも粘着質で、ことあるごとに距離感縮めてこようとする、うっすらキモさがありました。

満島さんと高橋さんは星の構成が似てます。
似てる同士は案外恋愛関係にならないのかもな、と思ったりしました。
唯一火星がスクエアで、火星天秤満島さんに「ヘンな人?」ってすぐ見抜かれて、火星山羊高橋さんが大真面目にムキになる。

「みぞみぞする」
とかの不思議語は、満島さんの蟹月×射手水星っぽい。
はぁ?みたいな。
そうすると高橋さんの月は山羊かなと思ったり。
山羊座はあんま「ヘン」なこと言わなさそうだから。
でもやっぱ水星は射手なので、山羊×射手で大真面目に熱弁したあと、「みんな引いてる?あれ?」ってなムード。

金星に蠍座を持つ満島さんと高橋さんは、どうもやっぱり秘められた「裏」があるのですね。
ま、みんな裏はあるんだけど。
それぞれの裏を「そういう人だっているわよ」って視点で許容するのが、オポジション同士なのかな。
双子と射手牡牛と蠍

なんだか「共犯者」みたいなカルテット。

すずめちゃんは、なんで別府さんのこと好きになったんだろう。
ホロスコープ並列してみても、まだよくわかりません。
来週以降の展開をまた楽しみにします。

吉岡里帆さん(25歳・金星期)
太陽:山羊、月:天秤か蠍(境目22時頃)
水星:山羊、金星:魚、火星:蟹

山羊の「きちんと」な線引きのうまいドライさと、水星座部分の魔性が入り混じった役が続きますね。
「あさが来た」では、水星座部分は「白岡あさ様っ!」というミーハーっぽさだったのかな。

脚本家・坂元裕二さん(49歳・木星期)
太陽:牡牛、月:双子
水星:牡牛、金星:蟹、火星:天秤、木星:蟹

坂元さんは「同・級・生」や「東京ラブストーリー」も手がけられたのですよねぇ。
満島さんと瑛太さんの「それでも、生きてゆく」もそうでした。
ホロスコープを見ると松田さんと構成が似ています。
別府さんの視点は、坂元さんが投影されたものなのでしょうか。

物語の最初は、松さんの夫はどこ?殺…?みたいな不気味さがあったけど、だんだん「これどこ向かってんだ?」って行き先がわからなくなってきてます。
でもいろいろあるうちに、どんどん4人の結束が固くなってってる。
「病院行かなくていいよ」
って誰かに言ってもらいたい人って、きっとたくさん世の中にいるんだろうと思う。
「家族とは?」
ここが柱になってるドラマなのかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。