あのころカップル

あのころカップル…

人の過去を思い出してうっとりするなんてトンデモなことでしょうけどね、「あのころ」って独特なんですよ。
昭和・平成初期のあのころ…いろいろ鮮やかで。
最近やけにこだわってます。

今は不祥事でやたら記者会見をしますが、昔は失恋でわざわざ記者会見してましたね。
梨元勝さんがまた取材のエグさを緩めないんだこれが。
東海林のり子さんは今もお元気でいらっしゃるでしょうか…。

なんかもうむき出しだった、芸能界。
その激しさと美しさは「良きもの」としてこびりついちゃってる。
そんなカップルを並列してみます(敬称略)

 

牡羊座

宮沢りえ(牡羊)貴花田関(獅子)

二人が名もない花だったら…」貴乃花がいま明かす・・

婚約発表時の金屏風前の2人はキラッキラしてて、「今も手を繋いでます」というりえちゃんのセリフは時を経ても赤面してきます。
2人の破局には驚きましたが、大人気者の2人が背負うものを思ったらつらくなりますね…。

宮沢りえ(当時19歳)月:牡牛、水星:魚、金星:牡羊、火星:水瓶
貴花田(当時20歳)月:乙女、水星、獅子、金星:蟹、火星:獅子

太陽トラインカップル。
金星同士のスクエアは普通であれば大した問題にならないはずですが、太陽や月などあれこれ調和しててもかなわないこともあるのですね。
貴乃花さんの金星が冥王星とスクエアでした。金星期はいろいろ極端なのかもです。

 

牡牛座

IZAM(牡牛)吉川ひなの(射手)

写真の相手役はキムタクです。
このころの吉川ひなのさん、神がかったような可愛らしさ。
外国の子どもみたいなキュートさをもともと放つモデルさんさったので、電撃結婚は驚きでした。


(出展:pinterest.jp

吉川ひなの(当時20歳)月:山羊、水星:射手、金星:山羊、火星:乙女
IZAM(当時27歳)月:獅子か乙女、水星:牡羊、金星:双子、火星:双子

太陽150度カップル。
出会った頃、IZAMさんのN太陽にはT土星が乗ってて婚期っぽい。
ひなのさんの金星にはT海王星が乗ってた。
ひなのさんはちゃんと奥さんをやりたかったのかも?と思いました。
IZAMさんは瞬間やムードを大事にするアーティストだったのかなって。

 

双子座

薬師丸ひろ子(双子)玉置浩二(乙女)

玉置浩二さんが作曲したこの「胸の振子」が交際のきっかけのようでした。

薬師丸ひろ子(結婚当時27歳)月:牡牛か双子、水星:獅子、金星:蟹、火星:獅子
玉置浩二(結婚当時33歳)月:乙女、水星:乙女、金星:乙女、火星:牡牛

太陽スクエアカップル。
芸能人でスクエアだと、どっちかが表舞台から下がるイメージ。
薬師丸さんが女優本格復帰されたのは、離婚後の「ミセス・シンデレラ」からのようで。(相手役・内野聖陽さん)
玉置さんは乙女座に冥王星もあって乙女座マジョリティー。
良いものを生み出すのに妥協しないアーティストっぽいです。
妻に秘書の役をとことん求めそう。薬師丸さんの金星火星を思うとザ・女優だなぁと。

 

蟹座

明石家さんま・大竹しのぶ(蟹)


(写真:TBSチャンネルより)

明石家さんま(結婚当時33歳)月:蠍、水星:双子、金星:双子、火星:蟹
大竹しのぶ(結婚当時31歳)月:魚、水星:獅子、金星:獅子、火星:獅子

太陽コンジャンクションカップル。
破局された1992年にさんまさんのN月の上にT冥王星が乗ってました。さんまさんの獅子P太陽とはスクエア。
あとさんまさんの火星はN天王星と合、N海王星とスクエア。
しのぶさんの太陽はN海王星とスクエアということで、固い絆が構築されたとしても、華やかな世界は2人をほっとかないだろうなと思いました。
しのぶさんもまたザ・女優の星。さんまさんはコメディアントークの星をお持ち、に見える。

 

獅子座

梅宮アンナ(獅子)羽賀研二(蟹)


写真集「アンナ愛の日記

梅宮アンナ(当時22歳)月:射手か山羊、水星:獅子、金星:蟹、火星:乙女
羽賀研二(当時33歳)月:天秤か蠍、水星:蟹、金星:双子、火星:乙女

太陽隣同士カップル。
家族を巻き込んだカップリングでした。
星の近さを思うと、交際中の5年はなんだかんだ公認の家族みたいな関係だったんじゃないかなと。
アンナさんの太陽と火星が合なのですが、N海王星とスクエア…
お父さんと彼氏の壮大な攻防という感じがします。
なんと羽賀さんの太陽の上に梅宮辰夫さんの冥王星が乗ってました。
ヤフー検索で「誠意」と入力すると、いまだに「誠意大将軍」が出てくるのですね。
アンナ愛の日記も検索したらちょっと欲しくなってきました。篠山紀信さんすごいです。

 

乙女座

玉置浩二(乙女)石原真理子(水瓶)

美しい女優さんです。石原さん。
玉置さんとの破局会見で、涙こらえきれずにくるっとリポーターに背を向け、そしてまた前を向きロングヘアをかき上げたシーン、あれは私にとって世紀の恋愛記者会見です。
私は10歳でしたが、石原さんというお姉さんに憧れの念を抱いたものです。
しかもお相手があの安全地帯・玉置さんとは…。


女優石原真理子

玉置浩二(当時27歳)月:乙女、水星:乙女、金星:乙女、火星:牡牛、木星:蠍
石原真理子(当時21歳)月:天秤か蠍、水星:山羊、金星:魚、火星:水瓶、木星:牡羊

太陽150度カップル。
玉置さんの金星は冥王星と合、木星海王星ドラゴンヘッドとセクスタイルなので、女性運が豊かな感じです。
石原さんの火星は海王星とスクエア。豊かな恋愛遍歴を著書で明かされました。
お二人は2009年復縁して結婚直前までいきましたね。あのニュースには驚きました。

 

天秤座

真田広之(天秤)葉月里緒奈(蟹)

葉月さんは生意気という印象が強かったですが、この記者会見を見るとサバサバとしたフェアさ、何より美しさに好感を持ちます。
生年月日が近いので星が自分とほぼ同じなのです。
だから真田さんとの恋愛はなんか生々しい(きゃー)
この会見はイチローとの交際を問い詰められてるもの。真田さんの話が出たところだけトーンがぐっと沈みます。(4分過ぎ)

葉月里緒奈(当時20歳)月:獅子、水星:双子、金星:乙女、火星:牡牛
真田広之(当時35歳)月:蟹、水星:蠍、金星:蠍、火星:蟹

太陽スクエアカップル。
1995年当時、葉月さんのN火星にはドラゴンテイルが、真田さんのN水星金星にはドラゴンヘッドが接してます。
「写楽」という映画の共演が縁ということでした。
記者会見で魔性魔性言われてますが、この星で魔性のわけないんですよ。
海王星利いてるわけでもないし。記者とかTV局の切り取りがゲスいです。
真田さんに潜むたっぷりの情が、葉月さんの太陽・火星との共鳴に期待をかけたんじゃないのか、どこまでわかりあえるだろうかと(もしかしてどこまでも?と)
どんな濃い情も受け止めつつカラッとさばいてくれそうな葉月さん…と思ってる真田さん…(個人的希望と妄想込み)
ちなみにイチローの星…太陽:天秤、月:乙女、水星:蠍、金星:射手、火星:牡牛
葉月さんとしてはイチローさんくらいのライトさが心地よかった…りしてね。
こればかりはわかりませんが、蠍や水的な情を受け止めるのは、星的にその素質ある人じゃないとなかなか難しいように思います。(太陽だけじゃ難しそう)

 

蠍座

大澄賢也(蠍)小柳ルミ子(蟹)

当時、男性が下の年の差婚が珍しく、また別れるときにルミ子さんが賢也さんに突きつけたものすごい二者択一が話題になりました。
・慰謝料を1億円払うこと
・以前の無名のバックダンサーに戻ること。
どっちを選んだかは覚えてません。この選択肢は無効になったのかもです。

大澄賢也(結婚当時24歳)月:蠍、水星:蠍、金星:射手、火星:射手
小柳ルミ子(結婚当時37歳)月:天秤か蠍、水星:獅子、金星:蟹、火星:蠍

太陽トラインカップル。
この2人は蠍座が強いです。そんな2人が別れるとなったらば、やはり究極の選択が迫られるのでしょうね。
壮絶な別れがたさが感じられます。
ルミ子さんの星はドラマチックですね。賢也さんはダンサーという感じです。

 

射手座

小室哲哉(射手)華原朋美(獅子)

「I’m Proud」で「いちご」と幸せそうに歌う朋ちゃんに自分を重ねた女はどれくらいいたでしょう。
後ろでは彼氏が鍵盤叩いてる。こんなことあっていいのか!?

華原朋美(当時21歳)月:獅子、水星:獅子、金星:獅子、火星:乙女
小室哲哉(当時37歳)月:双子、水星:射手、金星:射手、火星:牡牛

太陽トラインカップル。
朋ちゃんがまたザ・アイドルという華やかな星並びで。
それを小室さんの双子と射手部分で、ヘイ!ヘイ!とあおるんでしょうね。
小室さんの金星はN冥王星とスクエア。
女性運と金銭運と仕事運が極端なお方なのです。

 

山羊座

SAM(山羊)安室奈美恵(乙女)

こんな昔のことをすみません…と、連ねた方々には思いますが、芸能人のキラキラしたところっていつまでもこちらのパワーになりますからねっ(なんて…)
「丸山奈美恵になろうかなって言いました」って言う安室ちゃんがほんっとキラキラしてます。


Youtubeより

安室奈美恵(当時20歳)月:射手か山羊、水星:乙女、金星:獅子、火星:蟹
SAM(当時35歳)月:牡羊、水星:水瓶、金星:山羊、火星:山羊

太陽トラインカップル。
トラインカップルって結婚発表が華やかだしオープンな印象です。
SAMさんはいかにも大人って感じだけど「実はやんちゃ」なとこもありそうでこれはモテそうですね。火星は山羊だし。
安室さんは一見完璧そうだけど、実は甘えん坊なんじゃないかしら。
150度とオポジションも目立つ感じで、「違い」が楽しい・楽しめるかというお二人だったのでしょうか・どうでしょうね。

 

水瓶座

小泉今日子(水瓶)永瀬正敏(蟹)

あのころ雑誌の対談がきっかけで交際・結婚というカップルが多かった気がします。
伝説的な2人!!


(出展:タロットチャネリング)

小泉今日子(結婚当時29歳)月:蟹か獅子、水星:水瓶、金星:水瓶、火星:魚
永瀬正敏(結婚当時29歳)月:双子、水星:獅子、金星:双子、火星:蟹

太陽150度カップル
並べてみてもバランスが良くておしゃれ〜な感じが漂います。150度ってなんかアーティスト風なんですよねぇ。話もずっと弾みそう。
このお二人はサタリタ時の結婚。特にキョンキョンはP太陽とT土星も合でした。
結婚してすぐに、確か2人は写真展を開き、それは永瀬さんが撮ったキョンキョンとか2人の生活。
お風呂に入ってるキョンキョンのポラロイドが今でも脳内に浮かびます。
しかもポラロイドなんですよ!
離婚後、「毎日かあさん」で夫婦役として共演するなんて、「やすらぎの郷」の石坂・浅丘元夫妻より先を行ってた感じですね。

 

魚座

松田聖子(魚)郷ひろみ(天秤)

最後はどうしても聖子ちゃんで締めたくなります。
だって別れの記者会見で「生まれ変わったら一緒になろうねって(ひろみさんが…)」って泣く聖子ちゃんが幼心に強烈だったもんだから。
またなんとも貴重なマイクバトン動画を見つけました。聖子ちゃんって郷ひろみのファンだったんだ…

松田聖子(当時23歳)月:牡牛、水星:水瓶、金星:魚、火星:水瓶
郷ひろみ(当時30歳)月:蠍、水星:天秤、金星:蠍、火星:天秤

太陽150度カップル。
150度は伝説的でもあります。
ひろみさんがすごいのは、火星天秤と金星蠍があまり品位良くない配置なのに、今でも完璧スタイルってとこですよね。
見ればパーソナル天体は天秤と蠍しかありません。太陽は海王星と合。
アイドルの聖子ちゃんよりもずっと「美」とか「像」にかなりストイックだったのかもしれません。
牡牛と水瓶を持つ聖子さんも、いずれは美や像の完璧さを求めていくはずなのですが、金星期はラブっ子だったのかな…。

 

「あのころ」って華やかだったなぁ。
人柄が出ちゃうっていうのはいいことと思うんですよ。
今は抑えられてますからね。感情とかも。
優等生感ばかり見てたっておもしろくないというか。
聖子ちゃんとか石原真理子さんの感情あふれたところ、10歳くらいの私が目にして今思い出しても感動するのだから、もっとむちゃくちゃ恋愛してほしい。
そして真似したい!人恋しい!と思わせてほしい。

人と人が並んだとき(星を並べてみたとき)なんとなく浮き上がるものを書いてみましたが、別れた2人だと知ってるからそれっぽく読めるだけかもしれません。
永遠とかを保証された相性ってないと思うんですよね。
親子とかだと「わ、縁だ」みたいのが感じられることはあります。
もしかしたら夫婦やカップルでも、読み方次第で「わわ!」というポイントがあるかもしれませんね。

鑑定ではこうやってパーソナル天体を並べることはあんまりしてないですが、「今」2人は各々どんな感じか?というのをトランジットやプログレスで読んでみてます。
複数人の間で悩んでる…というご相談の場合、どっちもそれなりに「わわ!」があったりして、難しいけどおもしろいです。
本当は上記の方々の現在のパートナーの星も並べてみたいんですけどね、そこまでは今回控えます。
(またの機会に)

 

葉月さんと真田さんの印象的な映画「写楽」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。