かなえさんとモテ

数週間前に宮藤官九郎脚本舞台「ねずみ三銃士 獣道一直線!!!」を観てきました。

生瀬勝久さん・古田新太さん・池田成志さんの3人と、脚本・宮藤さん、演出・河原雅彦さんというメンバーで不定期に舞台を作られてる、今回その第4弾です。
宮藤さんは今回初めて役者としても舞台に立ち、主役は池谷のぶえさん、そして山本美月さんも出演されました。


(写真はステージナタリー「魔性の女がねずみ三銃士を翻弄!」より)

私は一番前の席だったのです!
山本美月さん可愛かった…キラキラしてました。
そして池田成志さんに笑った…あんなにお顔が整ってるのに、美声で歌っても笑ってしまうし、舞台を走り抜けても笑ってしまう。なんでだろう。博多弁も笑った…。
生瀬さんからは安定の温かオーラが出てました。お人好しのおっさん感がたまらなかったです。
わが町の自治会長になってほしいとなぜか思いました(頼もしさにもあふれてた)。
古田さんはたぶん私服で出られてたと思う。やばいっすね。
でも乳首に色を塗る工場でコツコツ働く古田さんになぜか泣けてきた。
宮藤さんは至近距離で見ても宮藤さんでした。笑いをこらえる顔を凝視してしまった。
池谷のぶえさんが輝いてた〜。度肝抜かれますね。池谷さんの一つ一つにずっと笑ってました。


後ろの成志さん(笑)

池谷のぶえさんは「かなえ」という役。(ほかにも何役かある)
山本美月さんも同じ「かなえ」です。
物語は、池谷さん演じる「かなえ」に、なぜか男たちが次々と惚れていき、騙されてるとうすうす気づきながらも愛してしまう・貢いでしまう・そして男は死んでしまう…という謎事件をクドカンが追いつつドキュメンタリー作品に仕上げる!というもの。
「ああ、あの事件ね…」と誰もがピンとくると思います。

相変わらずこのブログでは「モテ」に関するアクセスが多く、かく言う私も日々モテについて考えてるわけですが、やっぱ競争率なんですかね。「自分の他にもこの人を狙ってる人がいそう(急がなくちゃ!)」
ドラマでもなんでもライバルが出現した途端、朴訥だったやつが急に距離詰めてきたり。
木嶋佳苗さん…って名前言っちゃったけど、彼女も魅力が確かにあった方と思います。
事件の真相がどうかについては触れませんが、彼女の周りで6人の不審死があり、7人がお金を騙し取られたり、取られそうになったと。
すべての男性が自らお金を差し出したわけじゃないはずですが、このうち何名かは数百万円を振り込んでいると。
「ちらつく他の男の影」も彼女の魅力の一つだったのでしょうね。

それにしても木嶋さんのホロスコープも興味深いものがありました。

この射手座部分を見て「モテるでしょうね」とすぐ思いましたよ。

まず自己肯定感が高そう。
太陽と金星が射手座でくっついてるなんて明るいだろうし、しかも海王星。しかも木星と射手群がスクエア。
自分にも人にもマジックをかけられることと思います。それは洗脳ともつながりそうだけど。
そしてドラゴンヘッドがあると、意図しなくても地位の高い人との縁ができたりします。
あと大勢の人に注目される。もうそうなってますもんね。

そして蠍座の火星ですよ。情念!
水星がくっついてるので、人はこの方に心を開いちゃうんじゃないでしょうかね。「こんなことまでしゃべっちゃった!預金残高まで!」みたいな。
「私、お世話しますよ」って言ったら本当に面倒を見る「とことん」な性格だったんじゃないのかなと。

月は牡羊か牡牛か不明ですが、牡牛っぽいですよね。
手料理が得意というのは有名だし、めちゃ達筆なんですよね。
なんたってお金にまつわるあれこれ。
月は蠍座の天王星とオポジション。「財産」のあたりがターゲットになりそう。
でもこういう人が犯罪を犯すんですかね?という明るさと穏やかさも感じる。
殺害の件はわかりません。
ただ射手座分と海王星を思うと、多くの人を「その気にさせた」というのはあったんじゃないかなとは思う。
でも自己肯定感がめちゃ強い人というのは、誰かにマイナスの感情を抱かれてるとかあまり想像しないでしょうし、自分の行動をウジウジ反省することもあんまないかもですね。
何かで責められたり罵倒されても、この方には刺さらないかも。「私は守られてる(大いなるものに)」という強い信念がある方なのかな。

というか、この人にネガティブな感情を抱く自分がおかしいと思っちゃいそう。
モテる人というのはそういう人でもあるかもです。
そばにいるだけで自分の価値も上がると思わせてくれるような人。
木嶋さんは交際相手の気持ちがアガる言葉を繰り出すのもお得意そう。
数々の男性の自信をみなぎらせてきたのかな。舞台上の「かなえ」も男性を肯定することでメロメロにしてました。(男性肯定の次に自身の不遇な境遇を語る→お金が必要なの…)
しかしここ数年、木嶋さんのP太陽とT冥王星がコンジャンクションなので、さすがにメンタルに深刻な何かがあったかもしれません。

これは筧千佐子さん。

やっぱり射手と蠍にパーソナル天体が集まるとモテるんですよ。モテるっていうか、人をその気にさせやすそう。
またこの方も射手と蠍座群が自己肯定感強そうですが、ただ木星ー土星・冥王星スクエアが気になります。
木星期から土星期のこの方の人生激変が見て取れるというか。
この方は男性肯定と否定をめまぐるしく繰り出しそうです。
また、この方自身が下に見られる隙をお持ちのように見えるというか。
ただ獅子座の土星冥王星と山羊の月が、「下」とかに甘んじるわけないんですよね。
「はぁぁぁ!??誰にもの言ってんじゃ!!」という逆ギレが怖そうです。(想像)
もしかしたら、木星期までは「下」に甘んじてたのかもしれません。
土星期で「人生逆転じゃ!」と、テコの原理のように男性との力関係が逆転したのかなと(ドラマの見過ぎかも)
あと金星ー土星冥王星スクエアは、金銭面での激変も予想されます。

図にはないですが、太陽と火星の間にドラゴンテイルがあります。
そもそも自己肯定感の低い男性との縁が多いかもしれず、筧さんもそういう男性に「あんたが大将!」とかノせるお言葉をかけるのが上手だったかもしれませんね。
現在は74歳で天王星期ですが、天王星はドラゴンヘッドと合。こんな形で多くの人に知られて、こんなところで星を見られてるとは…。
このN天王星は現在、T海王星とスクエア。
今は「私は認知症」と主張されてるんでしたっけね。

(このお二人の星分析は、ウィキペディアなどの情報に寄せて「っぽさ」を見出してるものです。知らない方のホロスコープだけで「きっとこういう人」とかいうのはわかりません)

 

モテとは競争。モテとは価値。その競争の中で自分はどれだけ価値があるか?
この価値の高さがモテにつながってるのかな。
ツイッターでも、すでに2桁のいいねがついてたりすると素直に関心抱いたり、自分もいいね押しやすくなったり。3桁以上になるといいねのスピードがさらに早まる。本当にいいねと思ってる?
私の中身じゃなくて、インフルエンサーの「いいね」便乗の幻想モテ。
そりゃちゃんと中身を見て「好き」っていう人がほとんどでしょうけど、なんか価値高そうだからとか、みんなから人気あるものそれ自体が好き、とにかく自分だけのものにしたいとか、なんかムサコ住みたいとか。
集まってくる人がなぜかみんな武井壮みたいな人とかは、なんかのレースにいつのまにか乗せられてるんでしょうか。
武井・武井・武井・前澤・武井…っていうキタ!前澤!!ってとこまで待ちたいですか?どうでしょう。
もはやなんのレースに乗せられてるのか、なんの価値がついてるのかよくわからない世界もありますが、モテなんて突き詰めればつまらないものかもしれません。

また、「すでに誰かのもの」というムードがさらなるモテを呼び込んだりする。
「早くその座空かないかな…」と待ってる人が潜在的にうようよしてるはず。
その人がどれだけ自覚してるかはわかりませんが、「ただの友達」がたくさんいると思われます。友達という名のオオカミ。
不倫も「誰かのもの」に手を伸ばす快感と結びついてることもありそう。柴門ふみさんの新ドラマ見ていろいろ思うところもありました。
世の中は素敵な女子が溢れてて、モテるだろうな〜という目でつい見ちゃう。
え、モテないの?うそ〜とかいう会話が懐かしいです。
合コンで「絶対彼氏いると思ってた」「いたら来ませんよっ」みたいな探り合いとか。
いやらしい探り合いな!と思うけど、言われたら嬉しい…みたいなぐだぐだな空間。
合コンが懐かしいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。