ねぇ、たまちゃん

和歌山県の駅長たまが亡くなりましたね。

残念無念。。。

が、ここのところのTwitter写真のたまは、なかなかおばあさんの様相でちょっと案じてはいました。
「鼻炎にゃんご」と、幾度もつぶやいてましたね。

たまのもとには、2008年に訪れたことがあります。

ケースの中でぐっすり寝てるたまに、
「あ、猫だな」
という感想を抱きました。
私が行ったのは祝日で、たまの休養日だったのです。
だから駅長帽子もかぶってなかったし、改札のお出迎えもなくて、ちょっと残念。

だけど、貴志川線のすばらしき電車の装飾にワクワクし通しで、たまのもとへ向かう気持ちをいっそう高めてくれるのですよね。
たまの人気があの電車を生み出したと思うと、やっぱりたまはウルトラ駅長だなーと感じ入ります。
たまって、やっぱすごい!

お顔が本当に美しいです。
携帯の待ち受けにもしているこの写真。

口元の三角地帯!
逆転Yの字!

猫は誰だってこんな口元だろうと思って我が家の2匹の口元を見てみましたが、全然こんなYじゃなかったです。
美しい。
なんてお洒落な顔だち・三毛模様。

またTV見てると、絶妙なとこで「にゃー」と鳴くんですよねー。
最期も、「にゃー」と鳴いて逝ったそうです。。

たまを駅長にして、そしていろんなアイデアを生み出したのは確かに人間の側。
でも、そうやって人間を突き動かす何かが、たまにはあったんだろうなと思います。
世界の多くの人に「会いたい」と思わせる。
こないだは、アルジャジーラまで取材に来たらしい。
世界平和の一端を、たまも担っていたんじゃないのかな…。

たまのホロスコープ
太陽:牡牛、月:天秤
水星:牡羊、金星:双子、火星:蠍
ドラゴンヘッド:獅子

たまは牡牛座でしたか。
この優美さに人は惹かれたのかな。
月は広く愛される天秤で、金星は「愛すべき広告塔」「鉄道ネコ」という雰囲気です。
火星は蠍でしたか!

世界中の人を駅長として迎え入れたり、さまざまなイベントにもきちんと参加できてたりしたのは、生まれ持った強靭なカラダゆえじゃないかしら。

こちらはたま死去の6月22日の図です。

双子座の水星が、たまの冥王星とオポジション
「愛すべき小さな駅長 逝く」
というニュースに思えました。
射手座の冥王星と双子水星のラインが、
「あの世行きの旅へ出発進行!」に思えて。

そして、たまのドラゴンヘッドには楽しげな金星と木星がくっついてますね。
ドラゴンヘッドもどこかあの世的な…。

これは、死去後3日目のたまのTweetです。
これ見たら泣けてきて…
たまは本当に天国への電車旅を楽しんでるんじゃないかしら。
自身が電車に乗ることは基本なかった駅長。
イベント参加の際はあったかもしれないけど、たま自身が、ホントはあちこち行きたかったのかな。
そして、その願いがいま叶ったのかな!!

叶ったのかもしれないです。
おつかれさま、たまちゃん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。