蟹座あれこれ

濱口優さん、熱愛宣言したんですね~。

私はこの方にそんなに注目したことがなく、この方を見て「笑った」という記憶もあまりないのですが、モテるんだなぁ~…なんでだろ?ということはよく思ってました。

木曜日の「5時に夢中!」で、「なぜ濱口さんはモテるのでしょうね?」との問いかけに内藤聡子さんが、
「女性の話す他愛ないこととか、本当によく聞いてよく覚えてる方なのだろうなと思いますよ。
本当によく覚えてるのだと」
と、二度同じことを言ったのが気になって、そんでホロスコープを見てみました。

ふむ。
太陽は水瓶座だけど、月が蟹座でした。
「覚えてる」のでしょうねぇ…。
他愛ない事、「よく聞く」のでしょうねぇ。

その月は金星にある魚座と120度で、女性に対して捧げるような優しさを発揮できる方だろうし、行動力とか男のカッコよさが表れやすい火星は牡羊座。
優しくて、かつ好きな人にはガンガン行くだろうし、そんで少年のようにピュアで無邪気。
太陽は水瓶だから、女性が少々ユニークで行き過ぎてても寛容そう。
「ええよ」
なんて、何でもOKサインを出しちゃう方なのでしょうね。
モテのゆえんに納得です。

しかしなんで結婚しないのだろう。
こんな優しそうな人が。

濱口さんの奥さんを表す「月」は火星とか天王星とかと90度で、奥さんになる人は結構激しく、相当振り回されそう。
それを潜在的にわかっているのかなぁ。

ふーん…と冷めた風を装っておきながらも、濱口さんの星が私の星と結構タイトにアスペクトしてることを発見!
実際おそばにいたら、星の引力に抗えないのかもしんない!

そんで岡村隆史さんが、濱口さんのモテぶりについてラジオで嘆息漏らしてたという記事を見かけ、そういえばナイナイ岡村さんも蟹座に星が固まってる人だった気がすると思い出した。

調べてみると、太陽・月・水星・火星が蟹座でした。
月があるから、女性のいろんなお話「聞く」し「覚えてる」方のはずだけどな。
太陽がまず蟹座なのだから、そうありたいというお気持ちも強そうだけど。

でも金星が獅子座。
華やかな美人が好み?
そんで女性に対して優しいのは優しいだろうけど、
「俺も褒めて・俺はどや?」
というお気持ちもあるのかなぁ~。
牡牛座の土星と90度だから、女性は貞淑であらねばならないという観念は強いのに、惹かれるのは華やかで気の強い人ばかりとか?

火星は蟹座にあると、火星本来の雄々しさがあまり発揮できないようです。
それは、ナイナイ岡村さんの何かしらのコンプレックスみたいなものにつながってるということかしら…。
蟹座にこれだけ星があると、基本ネガティブでしょうね。
でも子どもにとっては最高におもしろくて優っしいパパになりそうだけどな…。

そんでナイナイ岡村さんも月が天王星と90度。
奥さん、激しい人かもしれませんね…。
たとえ大人しくても激しさを巻き起こす人というか。
でも水星がくっついてるから年下っぽい。

星の配置で「モテの運命」が決まってしまうのは酷にも思えるけど、ま、芸能人だし、そうはいってもモテるはず。
「芸能人なのにモテないなら芸能界やめちまえ!」と言ったのは坂上忍さん。
「モテないと嘆く人は多分上がる土俵が間違ってる」「ニーズのある土俵に行けばいいのだし、そういう土俵があるはず」と言ったのは、岩井志麻子さん&中瀬ゆかりさん。
モテすぎてモテすぎて、初詣で毎年「どうかこれ以上モテませんように」とお願いしてたのは川合俊一さん。

川合さんみたいに爆発的なモテを体験する方は海王星が利いてる人が多いように思うけど、女性が現実的に求めてるのは、蟹座とか魚座みたいな「包容力」とか「献身」なのかもしれない。
あとは男性に本来備わってるはずの生命力。
でも女性だって、本来備わってる優しさや母性を愛する人に捧げるスタンバイできてる人は多い。
そのマッチングがね~…。
どっかに一極集中しちゃったりうまくいかないものです。

蟹座は優しいかもしれないけど、うっとうしくもあるから、実は「モテ」には紙一重。
だからそのへんもやっぱマッチングがね~。
いろんな比較をして判ったつもりになったけど、ますます謎が深まってしまった午前3時。
くどくどと、お酒片手に誰かとこんな会話を繰り広げるのもまた夢です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。