意図と風星座

以前、地星座俳優の演技がすごい上手い…という記事を書きました。

牡牛座の江口のりこさん。
今、杉野遥亮さんも大注目ですね。乙女座です。

その杉野さんのドラマ「恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜」は本当すごいドラマと思う。
特にやっぱ主役の杉咲花さんですよね。杉咲さんは天秤座。
怒りっぽい役が続いてたけど、今回はずいぶん抑えられてて可愛らしさ前面のユキコ役、さりげない表情とかがめちゃうまい!

特にユキコが姉に「あいつは悪いやつじゃないよ…」って言ったときのさりげなさには悶絶する。

このドラマは風星座の方がとても多いのです(敬称略)

杉咲花…天秤座
奈緒…水瓶座
岸谷五朗…天秤座
鈴木伸之…天秤座
ファーストサマーウイカ…双子座
小関裕太…双子座

風星座の俳優は作品の「意図」をこちら側に伝えるのに最も適した方なんじゃないかと思います。

先日、白杖の方が点字ブロック上を歩いてましたが、その人が地下鉄に降りていくまで周りの幾人かが見守っていた。
ドラマの影響じゃないかもしれないし、やっぱあるかもしれない。
今までも見守る人がいたけれど、もっと明確な意図を持って見つめる人が増えた気がして、それは「恋です!」のメッセージ性が世に広まってる表れじゃないか!?と思ったんですよね。

 

今クールは評判のドラマがとても多いですが、「最愛」は吉高由里子さん(蟹座)と松下洸平さん(魚座)のドラマ。
あれは「意図を感じる」ドラマではないと思う。
2人の心の動きを楽しみに見ている。多くの人がそうなんじゃないかな。
たとえ何らかのメッセージ性があるのだとしても、吉高さんのスター性と松下さんのポテンシャルが、ストーリー以上にあふれ出してくる。それがおもしろい。
吉高さんの弟役・高橋文哉さんも魚座です。
乙女座・井浦新さんが脇をぐっと締めている感じ。

「SUPER RICH」も意図というより、江口のりこさん(牡牛座)の「さすが!」と毎度感心しちゃう演技のリアルさと、あとやっぱり水星座メンバーの心模様がおもしろいのです。
(赤楚衛二さん魚座・町田啓太さん蟹座、中村ゆりさん魚座)

「真犯人フラグ」は牡羊・西島秀俊さんと魚座・芳根京子さんのドラマですが、水瓶・桜井ユキさんの怪演が楽しい。
桜井さんが犯人なのか、ストーカー気質の主婦で終わるのかはわかりませんが、「怪しく見せたい」という意図を背負ってるように見える。
ユーチューバー役・柄本時生さん(天秤座)と桜井さんはこのドラマですごい振り切れてますよね。

風星座俳優主役ドラマは、制作側の「こう見せたい」「これを伝えたい」という意図が、視聴者にとても伝わりやすいと思うのです。
「きっとまっすぐ伝えてくれるだろう」という期待が集まりやすいのが風星座俳優なんでしょうかね。
そんな風星座の代表的ドラマを思い出してみます(敬称略)
ただし私が見てたもの限定になります。

双子座

麻生久美子「奇跡の人」
新垣結衣「逃げるは恥だが役に立つ」
上野樹里・風間俊介「監察医 朝顔」
中川大志「G線上のあなたと私」
長澤まさみ「ドラゴン桜」
二宮和也「フリーター、家を買う」
波瑠「あさが来た」
広瀬すず「anone」
松たか子「大豆田とわ子と三人の元夫」
松村北斗「カムカムエヴリバディ」

麻生さんの「奇跡の人」は、娘がヘレン・ケラーと同じ障害を抱えた母親のドラマでしたね。母子と触れ合った峯田さんのドラマとも言える。
長澤さんやニノのドラマは古すぎだけど、双子座は、その時代が抱える問題かマイナー性を「ポップに浮き上がらせる人たち」という感じがします。
そして松村さん追加しましたが、理想的な朝ドラヒロイン夫です。稔さんの回想シーンがなんとも泣けるわけで…
ほか薬師丸ひろ子、小林聡美、鈴木京香、市川実日子、比嘉愛未、岡山天音も双子座。

 

天秤座

生田斗真「俺の話は長い」
石田ゆり子「逃げるは恥だが役に立つ」
堺雅人「半沢直樹」
杉咲花「恋です!」
清野菜名「やすらぎの郷」
瀧本美織「わたしをみつけて」
永作博美「さよなら私」
永野芽郁「半分、青い。」
堀北真希「野ブタ。をプロデュース」
松坂桃李「今ここにある危機とぼくの好感度について」
松嶋菜々子「家政婦のミタ」
光石研「デザイナー渋井直人の休日」
山田孝之「全裸監督」

瀧本さんの「わたしをみつけて」は、何年も前のNHKドラマですが忘れられない作品です。
すごーく暗いお話なのに静かで感動的なドラマでした。
永作さんの「さよなら私」は、石田ゆり子さんと入れ替わったうえに最後は死んでしまうという衝撃作。
清野菜名さんはもっとあるだろうという気がしますが、倉本聰さんのメッセージ性が託されたかのように複数役で出演されてましたね。
天秤座は麗しさが特徴なのに、そのイメージの真逆を行くような「醜さ」「かっこわるさ」が前面に出た衝撃作が多いようです。
もとが美しいからこそやれる、とも言えそうですね。
羽田美智子、大島優子、臼田あさ美、今井翼も天秤座。

 

水瓶座

有村架純・仲野太賀「コントが始まる」
安藤サクラ「まんぷく」
オダギリジョー「時効警察」
上白石萌音・段田安則「カムカムエヴリバディ」
清原果耶「透明なゆりかご」
小泉今日子「マンハッタンラブストーリー」
多部未華子・吹越満「これは経費で落ちません!」
星野源「逃げるは恥だが役に立つ」
松岡茉優「やすらぎの郷」
吉沢亮「なつぞら」

「カムカムエヴリバディ」はこんな泣けちゃっていいんでしょうかね。
上白石萌音さんさすがだな!!という思いです。また段田さんの義父役が締まるんだこれが…。
多部ちゃんもいつも「意図」をビシッと伝えてくる俳優3本指に入る方(あと波瑠・上野樹里。個人的感慨)
松岡茉優さんはもっといろいろあるだろうと思いますが、「やすらぎの郷」のハッピーちゃんをやれる女優さんってなかなかいないですよ。倉本聰さんが時代のメッセージ性を託すのは風星座女優が多めです(長澤まさみ、黒木メイサ(双子)、清野菜名)
今の大河はあまり見てないので、吉沢さん演じる渋沢栄一がどうなのかよくわかってません。
「なつぞら」の天陽くん、朝ドラヒロイン初恋役という意図を本当正しく体現してくれたと思う。キュンキュンだったもんなぁ…
ムロツヨシ、西田尚美、川口春奈、岸井ゆきの、土屋太鳳、松下奈緒、山口紗弥加も水瓶座。
小松菜奈さんは映画にはよく出てますがドラマでも見たいです。

 

風星座の方には、結構深刻で重い役も巡ってくるんですよね。
でもそこは風星座なので引きずらない重さというか、心の負担にならない心地よい重さという感じがします。
水星座が深刻なものを演じると我が事のように伝染しちゃいますからね。
それはそれで全国的なムードになったりして楽しくもあるんですけどね。
あと地星座がカッコ悪い役をやると本当にリアルというか、神木くんのギリギリの立ち位置を勝手に憂いたりしてます(牡牛座)。携帯CMの中川大志さんも相当キモいのに憂いたりしないもんな。
でも神木くんはやっぱ「腕」があるので、味の素のロゴを指差す数秒とかで好感度爆上がりします。

************************

「意図」ってつくづく大事と思ったのです。
今だと「パーパス」という言葉で流行りつつあるんでしょうか。

また別の記事に詳しく書くかもですが、このたびの日蝕新月は私の内面にダイレクトに変化をもたらしました。
「これまでと違う!」という何かが芽生えて、「意図を策定しよう!」と強烈に思った。
意図を明確にすると、いいことがいっぱいある。
「何をすべきか」がわかってるのとわからないのとじゃ大違い。
今までの私は、「意図なんて…」という生き方だった。
特にこの数年ですね。

気づけばいろんな問題が浮遊してて、「どうしたい?」というところを見ないようにしてたことばかりです。
好きな人、嫌いな人、罪悪感を抱くあれこれ。
「どうしたい?」を見つめて、ちゃんと設定してみたんですよ。エクセルで。
そしたら夜見る夢がガラッと変わった。
わかりやすく幸福感に包まれる夢が続き、実際、霧が晴れたように思えたことが1つ2つありました。
誰にとっても「やっと前進」の季節に入ったんだとも思う。だから前澤さんも今宇宙に行ったんじゃないかな。わかんないけど。

あと最近、遅ればせながらしいたけ.さんの本を読んでいます。
あの方の言葉は「どうしたい?」を強く浮き上がらせる、と私は思った。
「こうしていけばいいんだ!」を指し示してくれる。だから人気なんでしょうね。
意図についてまた何か思うことあったら綴ってみます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。