あきらめようか

もういろんなこと諦めようかと、やっと思えてきた今日この頃。



だってこの歳で新しく始めたりとか、


果てしなく継続していくとか


目標をうんと高いところに置きっ放しだったりとか。


「ちゃんとしたい」ということと、


「ちゃんとしてなくたっていいじゃん」ということとの板挟み状態。


「万引き家族」を見てから特に強まる。


さびたママチャリに乗ってる町のお母さんを、


私はちゃんと見つめたんだよ。


自分の20年後かもしれないから。




そしたらば、諦めきれないなれの果てが


どんなんであってもいいような気もした。




つまり、「あきらめようか」と


このところ言い聞かせてるのは私の場合、


「手放した方が叶いやすい」


という魂胆からのことであって、


「諦める気などない」ということのほうが


本当の本心に近いかもしれない。




諦めた先に


苦しむことのない平穏があるとして。



そんな状態につかるにはずっと早い気がしてる。


苦しめばいいんだ。


まだもがいたりする体力は、ある。

 

 

 

g.o.a.t.よりインポート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。