12星座男子女子

36歳くらいまでは、好きな人を常に心に設定してました。

「設定」というくらいだから、本気かどうか自分でもわからない。
誰かを想って楽しくなるとか、目が合ったらその先の接触を計画したり、そういうことをしたかっただけかもです。
「告白する」ということは、「受験する」のと同じくらい自分を試す一大イベントで、たとえ敗北が待っていても私は自分を試したり突破したいのです。

それでも好きになる人には「傾向」がある。
片思い率1位は天秤男子です。
仲良くなる1位は牡羊男子。
見た目に惹かれる1位は牡牛男子。

もしかしたら12星座の男子ほとんど好きになってるような気もするので、学生時代にクラスにいた男子を思い返しつつ、どういうところが好きだったのか・人気のポイントを並列してみます。

牡羊男子

なんたって積極的・ポジティブ・運動神経抜群なところに惹かれます。
でも牡羊男子に片思いすることはまずない。
YESかNOを求めたらすぐ返事が返ってくるので、無駄な時間を費やさずに済みます。
変態を装って人を笑わせてる牡羊座もいますが、変態でも粘着質じゃないから楽しいのです。

牡牛男子

今まで出会った牡牛男性はほとんどみんな朴訥でした。
そしてほとんどハンサム。
どこかおとなしいので、積極的にアタックすれば「いいよ…」って言ってくれるんじゃないかと思いきや、「うーん…」と迷ってそのまま放置…というウブのふりした策略家でもあります。

双子男子

なんせ距離感がフレンドリーすぎるので、本心がわかりにくい人です。
そしてすぐ「ウザっ」って言うのも双子座。
そのわりにへらへら「遊びいこーぜー」って誘ってくるのです。
本気の恋とか性をどう考えてるのかもわかりにくいから飛び込めません。
クラス・学年いちのモテ男は双子座ってことが多かったです。

蟹男子

小6・初告白したのが蟹男子です。
彼主催の漫画クラブに私も入りたかった。
4コマ漫画を彼に読んでもらって、「うーん…」って編集長気取りする彼に認めてもらいたかったんですよね。人気者だったので。
蟹の男性は「輪の中心にいる」ことが多いです。
人気者感を自分で演出してる疑惑もあります。
編集長からの告白の返事は「他に好きな人がいる」とのこと。
結構はっきりしてる蟹男子です。

獅子男子

とにかく人を笑わせる明るさとまっすぐな人柄が好きでした。
そして根拠のない自信。
「オレだぜ!」と派手に胸張って女子をクスクスさせといて、にこりともしない子の冷めた視線に傷つくナイーブさもたまらない。
とても純粋なのはなぜか学生時代まで。
社会人になるとチャラつきます。
(たぶん孤独が嫌いなのでパリピにちょっと染まる)

乙女男子

乙女座で好きになった人はいないです。
私みたいのは選ばないだろうなと思うから。
自分も小動物なくせに、もっと小動物な女子を好むのがわかるんですよね。
可愛い男子が多いイメージの乙女座。
でも「可愛い〜」って冷やかしにはブチ切れます。

天秤男子

今までどれだけ天秤男子の思わせぶりに悩んできたでしょう。
ずばり優しくて男前・聞き上手。長所を褒めてくれる。
目の合い方からしても、自分だけに何かあるんじゃないかと思わせる。
女子が欲することをすべて理解してるようでいて、遊びに行くのはやめられない奔放な人です。

蠍男子

交際してすぐ「一生」というワードが出てくるので命がけ。
それを茶化す人が振られるんでしょうね(←私)。
友達の体験談を総合しても、「ずっと俺を見てて。君のことも見てるから」という約束にどうも納得いきません。
ネガティブな吐露はこちらの弱さも引き出されるので、「命がけ」みたいな濃厚さがつきまといますが、それもこれもただの性の探究心では…?という疑惑をいまだに持ってます。

射手男子

射手座はパリピタイプと古風タイプとに分かれるかもです。
パリピに惚れることはほぼないのですが、原始的な古風タイプに過去猛烈に惹かれました。
どんな岩場でも生きていけそうという生命力・ポジティブさ・そして頭がいい人が多いです。
「深い!」と感心しちゃったら引き返せない磁力もある。
でも「束縛されないオレ」、これを受け入れるのは若い私には無理でした。
競争倍率ナンバー1と思います。

山羊男子

好きになった人はいないかもです。
仕事の責任感が半端ない人が多いでしょうね。
なんでも熟知してるので(彼の努力で)、その頼もしさにうっとりするものの、恋愛シーンが似合わない・イチャイチャとか想像できないのです。
成績も運動もトップの位置にいる人が多いので、同等レベルくらいの女子、もしくは美貌が飛び抜けてる人を彼女にしそう…っていうのがビシバシ伝わるから意識せずに済んだのかもしれません。

水瓶男子

中1のときにすごく好きになりました。
足並み揃えないはぐれ者のくせにヤンキーではないんですよ。知的。
そのマイナー感に惹かれました。
性を感じさせない友達男子タイプと、組織や体制をとにかく嫌う尖ったナイフ系にわかれるかもです。

魚男子

1人だけ好きになりかけました。
すごく年下でしたが、生活が堕落してそうなところ(パチンコ漬けの日々)が気になってしょうがなかったんですよね。
顔も感情も薄く、恋をすればこの人の濃さが感じられるかも…なんて夢想した日もあったけど、最後まで心がまったく読めない人でした。
実はテニスコーチでしたが、教え方がさらっとしてるのに上手かったんですよ。
そこもかっこいい。
(牡羊と獅子は熱血指導。否定の後の倍の肯定。それもいいけど)

 

次は私の知ってる女子の恋愛対象を適当に振り返ります。

牡羊女子

自分も攻撃的なのに、もっと攻撃的な相手を好きになりがちです。
しかも自分も運動神経いいのに、もっと運動できる人を求めます。

牡牛女子

「いかにもいい人」を好きな人に挙げるのですが、それはダミーです。
本当はみんなの人気者が好きだったりするのですが、なぜか自分のメジャー好みを恥じます。

双子女子

自分も人を翻弄するのに、もっと翻弄する人を求めます。
追っかけられると「ウザっ」となるので、追っかけたいみたいです。

蟹女子

「守りたい」と思われやすいのですが、交際すると女子の方が頼もしくなります。
彼氏のジェントルマン気質なところを笑ってつぶすタイプ。

獅子女子

誰が好きなのかを親友でも聞いたことがないです。
プライドが高いので、人に打ち明けて勝手に成就率を査定されるのが許せないようです。
とすると多分人気者が好きなはずです。

乙女女子

自分もしなっとしてるのに、なよっとしてる男子を彼氏にします。
なよっとしつつちょっとエロ…というのがポイントのようです。

天秤女子

自分は高嶺の花なのに、お父さんキャラみたいな人を好きになりがちです。
おそらく天秤もプライドが高いので、絶対自分を振らない人を選んでるんじゃないかという疑惑。
もれなく幸せそうでした。

蠍女子

ヤンキー男子に連敗したあと、まっすぐな子犬風男子を彼氏にした女子を知っています。
「色気」より「単純さ」「素直な優しさ」、それが幸せになるコツだそうです。

射手女子

「いかにもいい人」を彼氏にするのは意外に射手女子だったりします。
奔放さを受け止めてくれるおおらかさのある人がお似合いなんでしょうね。

山羊女子

モテ男を好きになって彼氏にする人と、モテ男への恋心をずっと秘めたままの人に分かれます。
ステイタスを男に求めるか、男への熱情をセーブして勉学や仕事に励むか、山羊の永遠の二択です。

水瓶女子

自分も変わってるのに、もっと変わった癖の強い人を彼氏にします。
共通してるのは「経験豊富さに惚れる」ということでしょうか。
若いのに借金とか、ギリギリの事業を手掛けてるとか、なぜかリスクをしょってる人に惚れたりします。

魚女子

相手の世界観に染まっちゃう人が多めです。
スピ系男子なら自分もスピ系に。
大酒飲みなら自分も大酒飲みに。
食べるの大好きなおおらか男性と結婚した女性はとても明るいです。
また「自分は面食いではない」となぜか口を揃えます。

 

女子を並列してみると、なんだかんだ自分と似たタイプの人を好きになるんじゃないかという感じです。
太陽=夫だし。
どんな人が好きなんだかわからない!と嘆く人は、自分の太陽的な人というか、自分に似た人を好きになるのがいいんでしょうかね。
「自分がもうわからない」という人も多いでしょうけれど。
でも私はやっぱり自分の火星的な牡牛っぽさを求めるんですよね。
あくまで外見とか雰囲気ですが。
それで中身が牡羊的だったらいいなあという理想。
蟹っぽさはあんま求めてなくて…。

知るかよって話ですが、最近は学生時代を振り返ってばかりいます。
12星座的にも楽しかったなって。
水星逆行期だからでしょうかね。(PCの故障が頻発してます!)

 

12星座男子女子」への6件のフィードバック

  1. 先日コメントしました、水瓶女子の かん です。吹き出しつつ、赤べこ並みにうなずきながら読ませていただきました。
    確かに、変わった人が好きです。いわゆるオタク。けどアイドルオタクやらアニメオタクはありきたりなんで、興味なしですが(笑)。どこまでもマイナー好きです(汗)
    最近は、多様性の時代になってくれて嬉しいです!

    それと、昔から意外な人や知らない人に会釈されたり席を譲られたりするのは、獅子座持ちだからでしょうか?

  2. 水瓶女子かんさん

    コメントありがとうございます!

    オタクが好きなのですね。
    でもアイドルオタクやアニメオタクに興味なし…では何オタク?気になります(笑)
    水瓶座ってマイナー気質ありますよねぇ。
    でも私も変わってる人好きです。

    かんさんは知らない人に会釈されたり席譲られたりが多いのですね。
    私も道を聞かれることはありますが、やはり獅子持ちだからかな。。
    木星が1室とか7室とかでも親しみやすさあふれそうです。

    1. こんばんは。
      いまのところ気になっているのは、

      歴史学者 磯田先生(古文書オタク)
      俳優 中村倫也氏(動物オタク)
      漫才師 中川家礼二氏(鉄道オタク)

      特に磯田先生の子どものようにはしゃいでの解説っぷりが楽しいです。

      で、調べたらみんな、山羊座でした…。

      1. かんさん

        魅力的なオタ人ばかりじゃないですか〜。
        中村倫也さんの動物オタって気になります(笑)
        礼二さんの鉄オタっぷりは楽しいですよね。

        磯田先生って山羊だったんですね。
        水瓶に星が散ってそうです。
        ・・・と思って調べてみたらP太陽水瓶しかなかった。
        蠍マジョリティーの方でした!

        1. P太陽が移動したら、どれくらいでその星座を実感しますか?
          自分なりに調べたらたぶん牡羊座なのかなぁ?と思ってるのですが。
          最近、なんだかいろいろ変わってきている気がしていまして。
          月の獅子が効いてるのか、牡羊が効いてるのが、開放的な気分の日が多いのです。

          1. かんさん

            P太陽が魚座から牡羊座に移動してるっぽいのですね。
            それは変化が大きそうです。
            でもどれくらいで…というのは個人差があるかもです。
            ちなみに私は今年からP太陽乙女ですが、きっかりしたものはあんまりないです。
            「あと1年で移動する〜」というあたりが結構変化を感じるかもですね。
            P月魚座に至っては、半分過ぎるくらいまでピンとこなかったです。
            でも私の場合は11室→12室への移動だったのでわかりにくいだけかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。