女子アナウンサー並列

アナウンサーの星座並列は、過去にNHKの方々を取り上げたことがありました。

民放の女子アナウンサーもちょろっと取り上げたこと、ありましたね。

この間の記事で膳場さんを取り上げましたが、ずいぶん前から膳場さんのことすごく気になってたけども、最近より一層私の中で、膳場さんの輝きが増しています。

8月6日、広島原爆投下の特集が組まれていた「NEWS23」での
膳場さんが本当にお美しかった。
VTRからLIVEへと画面が切り替わった時の膳場さんのアップ。
もしかしたらVTR中、涙を流されていたのではないかという表情。
でもキャスターとしての、一人の人間としての、そしてもしかしたらこれから母となられるお立場から、感想を語られていたように思えた膳場さん。

膳場さんはそりゃ「女子」の「アナウンサー」であるけれども、決して「女子アナ」ではないよなぁ。
「女子アナ」の定義って、でもキー局所属ってことなのかな?
フリーの方は「女子アナ」とは言わないんだっけ?
大江麻理子さんのことも、「女子アナ」と言うには存在が頼もしすぎますね。
膳場さんも大江さんも、「キャスター」「アンカーウーマン」のほうがふさわしいかな。

女子アナを低く見ているつもりはないんだけど、ニュースの読み方がひどい・ひどすぎる方がちょっと多いんだよなーと思うのです。

しかし適性というのがあるのでしょう。
はじけるような笑顔と絶妙なタイミングで大物タレントの補佐ができるというのもまた、才能であるには違いなさそうです。
「原稿を読む」という実務的なことよりも、「空気を読む」という臨機応変対応が得意って人は、どこの社会にもいるわけです。

アナウンサーの特徴と人気者ぶりを探るべく、思いついた方たちの星座並列をしてみます!

加藤綾子さん
太陽:牡牛、月:牡牛か双子(境目3時頃)
水星:牡羊、金星:牡羊、火星:牡牛
木星:水瓶、ドラゴンヘッド:牡牛

今をときめく女子アナといえばやはりこの方です。
月は双子なんじゃないのかなぁと思います。
だってあの臨機応変さ!
ユーモアや変態性の処理対応も抜群じゃないですかね。
双子座は「今、何がキテる?」「何が求められてる?」ということに敏感ですからね。
どんくささで人気を得る方もいますけど、加藤さんは「乗っかる」ことがとてもうまい。

水星・金星の牡羊座でもって、裏表のなさそうな無邪気カラッと感が人気のゆえんでもありそう。
でも牡牛座に太陽・火星・ドラゴンヘッドですか。
明るいのに「エロ」まで漂わせる牡牛座官能感。
綾瀬はるかさんもそういえば牡羊座と牡牛座が多かったですかね。

生野陽子さん
太陽:牡牛、月:射手
水星:牡牛、金星:牡牛、火星:蠍
木星:山羊、ドラゴンヘッド:双子

生野さんのお仕事ぶりは実は「いいとも!」以来あまりよく見てないのですが、確か加藤さんと同じ太陽牡牛だったなというところで気になりました。
加藤さんよりももっとマイペースな雰囲気ですね。
金星牡牛ってとこが、なおいっそうスローモーでちょっとどんくさい可愛らしさに思えます。

前に、鈴木ちなみちゃんと旅行をした先で安来節を披露しているお姿をちらっと見かけたことがあるのですが、生野さんって3枚目要素がかなりある方なのですね!
完璧な口角の上がり具合から、どこか計算高そうなぶりっ子イメージを勝手に抱いてましたが、裏のありそうな火星蠍からの色気、はたまた金星牡牛の虎視眈々とした官能感ってことでしょうか。
でも堂々と安来節を踊られてたその度胸にちょっと惚れたのでした。

大島由香里さん
太陽:水瓶、月:天秤
水星:山羊、金星:射手、火星:蠍
木星:山羊、ドラゴンヘッド:双子

「スーパーニュース」時代の大島さん、クールビューティーですてきだなぁと思ったんですよね。
今、深夜のニュースを担当されてますが、あんまりニュースが好きじゃないのだろうな…とどうしても思っちゃう。
「前面に出て上昇したい!」というような、いわゆるフジっぽさが実は薄い方なんじゃないのかなと。

金星が射手座なのですね。
たまに大島さんがバイクに乗ったり、いろいろ体験したりのロケ行くことあるのですが、ああいうロケで男勝りな野性味がドバッと出ちゃってね。
今までのあの時間帯のキャスターとは確実に違う無邪気感のある方です。
火星蠍でやっぱり、深夜帯らしくしっとりした色気を放つのでしょうが、素の大島さんは本当にサバサバして「いい姉ちゃん」なのでしょうね。

山崎夕貴さん
太陽:獅子、月:蠍か射手(境目17時頃)
水星:蟹、金星:獅子、火星:獅子
木星:牡羊、ドラゴンヘッド:牡羊

山崎さんは木星獅子座時代のこの1年で、静かにブレイクした1人だと思います。
「ノンストップ!」開始当初(2012年)は地味な子だな~と思ってましたが、おととし~去年あたりから「ノンストップ!」も設楽さんの安定進行でどんどん面白くなるにつれて、山崎さんもどんどんきれいになってってんですよね~。

火の星座が多いですね。
加藤さんとか膳場さんもそうですけど、裏表のなさそうなカラッと感はアナウンサーの強みだと思います。
いやらしいというか計算高そうなところって、やっぱ視聴者も感づいちゃいますからね。
太陽と金星が冥王星とスクエアなので、意外にも周りが驚くような恋愛事件の末に結婚しちゃったりなんかするのかなぁ…。

 

次は日テレ。

水卜麻美さん
太陽:牡羊、月:獅子か乙女(境目9時頃)
水星:魚、金星:魚、火星:双子
木星:牡羊、ドラゴンヘッド:牡羊

ははぁ、やっぱり牡羊座!
アナウンサーに「元気いっぱい!」な度胸は欠かせないようですね。
月はどっちでしょうね。
ヒルナンデスをほとんど見ないので、細かなお仕事ぶりはあまり知らないのですが、
でも、どこから見ても明るい水卜ちゃん!を成り立たせているのは、月:乙女の用意周到さ、実務面での優秀さなのかな…とも思ったりします。
自分から前に出るのそんな好きじゃないけども、出ろと言われれば出ますよっ!ってな苦笑いをよく見かける気もするし。
本当の水卜ちゃんは、乙女と魚の繊細ガーリィこじらせ女子なんじゃないかなぁと思うのです。

中島芽生さん
太陽:牡牛、月:水瓶か魚(境目4時頃)
水星:牡牛、金星:魚、火星:水瓶か魚(境目7時頃)
木星:蟹、ドラゴンヘッド:水瓶

中島さんは夕方の「news every.」のキャスターですね。
「news every.」のサブキャスターって、中島さんの前は小熊さんとか森麻季さんとか、絶妙におとなしめな可愛らしい女子を持ってくるんですよね。

おっとりマイペースなところはやはり牡牛座由来でしょうね。
魚座金星もその「おっとり」に拍車をかけてそうだし。
でも仕事はしっかりこなすお方だということも知っています。
いつでも目線は前をしっかり見据えていて、あまり原稿に目を泳がせたりというお姿は見かけません。
そういう凛としたところを思い返すと、月は水瓶かしらね…と思うのです。

鈴江奈々さん
太陽:蟹、月:双子か蟹(境目4時頃)
水星:蟹、金星:双子、火星:乙女か天秤(境目3時頃)
木星:乙女、ドラゴンヘッド:獅子

鈴江さんも、とっても好きなアナウンサーのお一人です。
蟹ですか~。
産休明けは特にあったかい母性に満ち溢れていて、あと鎌田實さんフォローとか、ベテラン看護師のようなお方です。
火星は乙女なんじゃないかしらね。
ナイチンゲール的なホスピタリティーを感じますがね…。
でも、すぐにユニーク方面にも切り替えられそうな臨機応変さも感じられます!

日テレアナって、やっぱりフジの方たちとは随分「色」が違いますね。
採用側が何を求めて採るのかというところも透けて見えてくるようです。
フジってやっぱり華やかですね~。
でもニュースを読むという実務は…?という方は多い。
日テレは、視聴者が求める本来の実務を、安定的にこなされている方たちという感じです。
思想的にも何も見えてこないようなニュートラルさとか、「上に従います」みたいな従順さとか。
フジの女子アナは、「安保法案」とかのワードがそもそも全く似合わないなー。

TBSの女子アナは、ちょっとわからないので省きます。
最後はテレ東の大橋さんと、テレ朝の大下さん行ってみます!

大橋未歩さん
太陽:獅子、月:射手か山羊(境目3時頃)
水星:獅子、金星:天秤、火星:天秤
木星:蟹、ドラゴンヘッド:乙女

大江麻里子さんがブレイクする前は、テレ東はずっと大橋さんで「もってた」んじゃないでしょうかね。
「やりすぎコージー」みたいなバラエティーからニュースからスポーツなどなど、幅広い!
あのときの深夜「やりすぎコージー」自体もすごく面白かったのです。
ものすごいエロの中にいて大笑いしていても、下品に染まらない不思議さがあった。
それが金星火星天秤ってことでもあるのかな。
明るくって嫌われない感じは、やっぱり獅子座のオープンさがこちらをスカッとさせるんでしょうかね。
サラっとニコニコ、かつ大人対応で受け流す包容力がいつでもあふれてます。

大下容子さん
太陽:牡牛、月:乙女か天秤(境目23時頃)
水星:牡牛、金星:双子、火星:双子
木星:天秤、ドラゴンヘッド:魚

大下さんも牡牛座でしたか。
アナウンサーには、「実務きっちり」みたいな地に足感がやっぱり大事なのでしょうね。
そんでもって裏表なさそうな明るさね。
大下さんは金星と火星の双子座由来なのか、「わーい、わーい」みたいな好奇心旺盛な明るさと、誰にでも合わせられるような臨機応変さが光ってるなぁと思います。
月は乙女なんじゃないかしらね。
もちろん頼もしいきっちり進行も感じられるけど、どこか「こじらせ」も漂うのです…。

 

何が悔しいって、フジには取り上げたい女子アナがまだまだいるなぁということなのです。
実務がどうとか何度も書いてみましたけど、あの華やかさにはやっぱそそられる。
ってことはやっぱり、芸能人的な要素が群を抜いてるのでしょうね。
採用の時点でそういう女子を選んでいる。
女子アナの採用人事、楽しそうだなー。
計算高そうな、上昇志向強そうな視線を目の当たりにして、ゾクゾクしてみたいです。
はたまた、小動物みたいな緊張感タイプには、目尻うんと下げちゃったりとかね。
あぁ、採用のおじさんがうらやましい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。