ドラマカップリングアスペクト

明日放送のTBS日ドラマ「危険なビーナス」の主人公は吉高由里子さんですが、お相手が妻夫木聡さん射手座。
また太陽150度同士ですね!

蟹座の吉高さんはお相手が150度の方だと断然面白くなると思うんですよ。
柄本佑さん(射手座)や向井理さん(水瓶座)。
でも「花子とアン」の鈴木亮平さんとの恋愛も美しかったです(牡羊座・スクエア)。
「東京タラレバ娘」は見てませんが、坂口健太郎さんとの恋愛はどうだったんでしょうね(蟹座)。
「危険なビーナス」ではディーン・フジオカさんも出られるということで(獅子座)、どういう関係性になるのか楽しみです。

これまで見てきたドラマ内のベストカップルってどの組み合わせかなぁと。
いったん考え出したら12星座分出してみないと気が済まなくなりました。
連ねてみたいと思います(敬称略)。

牡羊座

竹内結子×妻夫木聡(射手座・トライン)

平成の代表的なカップリングと思います。「ランチの女王」以外でも何度か共演されてますね。
火星座トラインっぽくなんとも明るい・もしくは激しく情熱的。
2人ともまっすぐなところが見てて気持ちよかったのです。

西島秀俊×内野聖陽(乙女座・150度)

西島さんはいろんな女優さんと共演されてますが、「きのう何食べた?」を見てしまったら他が思い出せません。それに「お前なぁ…」とか、あのツンケンした感じは女性とのカップリングでは見られなかった。
涙流したり、どのドラマよりも愛が溢れてたなぁと。150度ドラマはすんなりとはいかないからこその愛の深さが感じられます。

牡牛座

常盤貴子×豊川悦司(魚座・セクスタイル)

牡牛座の女優さんがどうも常盤貴子さんで止まってます。いや、徳永えりさんとか伊藤沙莉さんとか続々若手が出てきてますが、やっぱりいまだ牡牛座女王は常盤さんかなと。
しかもやっぱり「愛していると言ってくれ」。ものすごく誠実に想いを伝え合ってたドラマでした。
セクスタイルは一気に仲が深まるけど、ドラマでは案外すぐ別れちゃいます。

竹内涼真×高畑充希(射手座・150度)

竹内涼真さんはCMだと「クール・クーラー…」とかうっとい熱さですが、ドラマだとすごい好青年感あふれさすんですよね。金持ちの役より、貧しかったり悲しみを背負った役の方が輝く方。
「過保護のカホコ」では、ちょっと変わってる高畑充希さんとの相性が画的にも美しかった記憶。身長差が良かったのかな。

双子座

松たか子×阿部サダヲ(牡牛座・30度)

松さんはもうラブストーリーやらないかなと勝手に諦めてましたが、実はちょいちょいラブシーンあるんですよね。「カルテット」では宮藤さんとキスシーンあったり、このあいだの「スイッチ」では阿部さんとキス。大人計画ばっかり。
阿部さんとキスしながら部屋移動という濃厚さにはもう…!直前までコントだったのが信じられないほどでした。30度関係は一見きょうだいっぽく仲よかったり悪かったりします。

中川大志×波瑠(双子座・コンジャンクション)

中川さんはまだお若いということもありますが、恋愛カップリングが難しい方じゃないかなと思います。
だけど「G線上のあなたと私」では波瑠さんと9歳差の恋愛がよかったんですよねぇ。年の差あるのに双子感という。双子座だけに。
コンジャンクションカップルは距離的にも二人羽織みたいな接近が多いのかな。

蟹座

のん×福士蒼汰(双子座・30度)

のんちゃんのラブシーンはもはや貴重なものになりつつあります。今度、林遣都さんと(射手座)綿矢りささん小説の映画に出るんでしたっけね。ラブシーンあるのかはわかりません。
「ホットロード」の登坂さんとは(魚座)きょうだいにしか見えませんでしたが、「あまちゃん」のアキ×種市カップルがもう本当に可愛らしくて…。
福士蒼汰さんもラブシーンはまりにくい方なんじゃないでしょうか。本田翼さんとハマってましたかね?
種市先輩が「アキ」でも「天野!」でも「ユイ!」と呼んでもずきゅんとします。

布施博×賀来千香子(天秤座・スクエア)

いきなり古いですが「ずっとあなたが好きだった」。何がよかったって、賀来さんが「大岩くん!」って呼ぶと、布施さんがニタっと笑顔を向けるとこですかね。
あのころ、優しそうで力持ちみたいな人がいきなりモテる現象がありましたが、このドラマの影響と思われます。
しかしドラマではスクエアっぽく引き離されたり激しかったです。冬彦さんの子どもできちゃうんでしたっけね。

獅子座

戸田恵梨香×松下洸平(魚座・150度)

新しいですが「スカーレット」の2人。朝ドラにしてはやたらドキドキが盛りだくさん。2人が真剣に見つめ合うだけでたまんなくなりますね。松下さんにはこの先もたくさん恋愛ドラマやってほしいけど、この間のタラレバでは吉高さんを裏切ってましたかね?やっぱ150度って独特の悩ましさと美しさがあると思います。

森山未來×満島ひかり(射手座・トライン)

竹内さん×妻夫木くんほどじゃないかもしれないけど、この2人も共演が多い気がします。「モテキ」でちゃんとカップリングしなかったもやもやを他のドラマで果たしてもらいたい気持ちがあるようなないような。
やっぱり火星座トラインっぽくまっすぐな2人。そして激しいのです。

乙女座

斉藤由貴×及川光博(蠍座・セクスタイル)

この2人は「吾輩は主婦である」というクドカン作昼ドラでの夫婦役。
主婦になぜか夏目漱石が乗り移るという奇想天外も甚だしい設定ですが、なんともハートウォーミングな物語でしたよ。
及川さんっていつも片思いとか横恋慕で報われないイメージですが、このドラマはミュージカル俳優を夢見る郵便局員というなんともいじましい役で、ほっこり斉藤由貴さんと息が合ってたなぁ。セクスタイルは平和ボケカップルとも言えるかもです。

井浦新×石田ゆり子(天秤座・30度)

井浦さんといえばやっぱり「コントレール」ですかね。本当美しい。本当エロチックで激しい。
石田ゆり子さんも数々の恋愛ドラマに出られてますが、年相応の恋愛シーンを見せてくれる貴重なお1人でしょうね。この2人は30度だけどきょうだいって感じではなかったです。ただ運命がすごい近いという数奇な境遇のカップリングでした。

天秤座

松嶋菜々子×椎名桔平(蟹座・スクエア)

この2人でピンとくる方はまだ多いんじゃないでしょうかね。「Sweet Season 」、不倫ドラマ。
またサザンの主題歌「LOVE AFFAIR」が切ない。シーガーディアンってどこなんだろう…。
何度も見たドラマです。残酷さがいくつもあったのがスクエアっぽい。でも成就したんですよね。

松坂桃李×松本穂香(水瓶座・トライン)

松坂桃李さんは恋愛ドラマ飛び越えていつしかエロの彼方に行ってしまった気がしてましたが、「この世界の片隅に」ドラマ版がまた戦時中と思えないほど色気むんむんで。
でもトラインっぽくスムーズに気持ちを通わせた2人でした。松本穂香さんがまた美しかったです。


この世界の片隅にHPより)

蠍座

尾野真千子×綾野剛(水瓶座・スクエア)

「カーネーション」のこの2人は伝説的とすら思います。スクエアってやっぱり不倫ドラマになりやすいですね。見てて苦しいくらいがいいんでしょうか。
あのころの綾野剛さん、なんであんなに子犬みたいな濡れ目してたんだろう。
綾野さんはその後、どなたかとしっくりくる恋愛ドラマあったでしょうか。尾野真千子さんは森山未來さんとか長谷川博己さんとか、夫婦ものが多い印象です。

長瀬智也×酒井美紀(魚座・トライン)

「白線流し」の2人。長瀬さんはほかにも思い出せそうな恋愛ものありそうだし、キムタクや岡田准一さんの名恋愛ドラマもいくらでもある。でもちょっと昔を振り返っちゃいました。
美しかったんですよね。定時制高校と普通科高校の、同じ席を使う2人の恋。柏原崇さん(魚座)とどっちを選ぶか?ってのもまた楽しかったですが、2人の結末を思い出せません。

射手座

桜井幸子×真田広之(天秤座・セクスタイル)

これも伝説の2人。言わずもがなの「高校教師」。セクスタイル=平和ボケ…まぁそういうシーンもあったかもだけど、どんな酷いことが立て続いてもなんだかんだ学校で顔を合わせる(登校してくる)というのがセクスタイルっぽいんでしょうかね。

高橋一生×柴咲コウ(獅子座・トライン)

高橋一生さんはいろんな恋愛ドラマに出演されてきました。アンケートとったらどのお相手が出てくるでしょうね。黒木華さん、永作博美さん、尾野真千子さん。
私はやっぱり「直虎」を挙げたい。カップリングという言葉はあの時代にはそぐわないし、カップリングもしてないんですけどね。ずーーっと直虎を見てたあの複雑な感情の揺れは思い出しても泣けてくる。
トラインで恋が成就しないっていうのもなかなか苦しいようです。牡羊座の柳楽優弥さんとでグラトラ。

山羊座

深津絵里×堤真一(蟹座・オポジション)

2000年代のドラマの話をするとき、深津さんと堤さんの「恋ノチカラ」を一番に挙げる方は今でも結構います。深津さんもいろんな方との恋愛ドラマがありました。キムタクとの恋愛も美しかったけど、堤さんとの不器用な恋がまたウケた。あ、でも坂口憲二さんとの関係性がよかったんだと言う人も多いかもですね。
オポジションっぽいドタバタ劇。それにしても30歳で「もう恋も仕事も諦めかけてた…」という恐ろしい呪いドラマでした。

竹野内豊×麻生久美子(双子座・150度)

NHK「この声をきみに」素敵なドラマでした。朗読教室で出会うミドルエイジのお話ですが、しっとり優しい物語だったのです。またこの2人が色っぽくて…。150度だけあってねじれ・こじれまくりです。また謎だらけ。竹野内さんはやっぱりイケてない役の方が輝くと思いますよ。150度って夢みさせてくれますね。


この声をきみにHPより

水瓶座

多部未華子×重岡大毅(乙女座・150度)

これもNHK「これは経費で落ちません!」。NHKの金10ドラマって本当いいんですよね。
多部ちゃんは「わたナギ」大森南朋さんとのカップリングの方が評判だったかもしれませんが、そもそもはこの「経費」で恋愛下手っぽい多部ちゃんキャラ人気が高まったんじゃないかと思ってます。
しかも150度っぽくタイプが全然違う2人。陰と陽。そこがよかった。
ちなみに大森南朋さんはずっと水瓶座と思ってましたが、夜遅い生まれだと魚座かもしれません。そのほうが同居ドラマっぽい。

向井理×吉高由里子(蟹座・150度)

吉高さんはどの恋愛ドラマもヒットしますが、向井さんって何気に印象的な恋愛ドラマが思い出せないのです。ここにきて吉高さんとのカップリングが一番ハマった気がします。吉岡里帆さんとの愛憎ドラマは怖すぎでした。
「ゲゲゲの女房」も松下奈緒さんとベストカップルっていうか…でも同じ水瓶座同士、二人羽織感はあった気がしますけどね、さほどイケメンじゃない役の方がやっぱり輝くと思いますよ(余計なお世話)。

魚座

黒木華×森山未來(獅子座・150度)

このお2人はNHK「みをつくし料理帖」です。よかったんですよねぇぇ。森山さんって恋愛ドラマ結構素敵なんですよ。黒木華さんは「凪のお暇」で高橋一生さん・中村倫也さん(山羊座)という豪華なお2人の間で悩む役でした。「獣なれ」では田中圭さん(蟹座)にパラサイト、「デザイナー渋井直人の休日」ではまさかの光石研さん(天秤)とカップリングということで、いろんな顔を見せてくれますよ…。
みをつくしでは「身分の違い」というどうしようもなさが横たわるところが150度っぽいでしょうかね。それでも想い合う2人。

長谷川博己×土屋太鳳(水瓶座・30度)

「鈴木先生」の2人。正確にはカップリングしてないし、それは許されない2人ですが、妄想だか生き霊現象だかでたびたび2人は癒やし合ったりしてます。こういう太鳳ちゃんをまた見たいものです。
30度とか60度は社会的関係がそもそも近いようです。学校が一緒とかクラスメートとか同僚とか。

 

アスペクトについてあれこれこじつけが過ぎてるとも言えますが、ドラマではスクエアの境遇の違いや引き離され感、150度の性格や社会的立場の違いがやっぱ際立ってますかね。
「なのに…!」みたいなのが恋愛のスパイスになりやすいみたいで。
それにしても年々ラブストーリーが減っていって、今やメジャーな俳優さんの代表ラブドラマもよく思い出せないかも。例えば小栗旬さんの恋愛ドラマといえばなんでしょうかね。「花より男子」?古いっての。
生田斗真さんも映画ではあるかもしれなくても、ドラマで誰かと恋に落ちる…っていうのはあんまり見ないかも?堀北真希さんで止まってます。堀北さんに片思いだったっけ。

私が見てないだけでたくさんあるんでしょうけどね。ガッキー(双子座)と星野源さん(水瓶座)の恋愛は時代の伝説にそりゃなったけれども、星野源さんの他の恋愛ドラマが思い浮かびません。
でもそのうち吉岡里帆さんと共演してほしいです。CMの2人はとてもしっくりするし、やっぱり女もあそこまであざとくないと恋愛ドラマにならないのかもしれません。
有村架純さんももう少しガツンとした恋愛ドラマを見たい。お相手が高良健吾さんとか渋すぎるし、岡田健史さんとか磯村勇斗さん・竹内涼真さんとか、まだ色のついてない俳優との恋愛ものが多いですね。
いや、そうはいっても時代のことを思うと、何も恋愛ばっかり描かれなくてもよいという思いもある。
でも「アンサング・シンデレラ」で石原さとみ・成田凌・田中圭の3人にさして進展がなかったというもったいなさ!・・視聴者は勝手なことばかり言うもんです。
1月の長瀬さん介護プロレスドラマの相手役が気になります。清野菜名さんだったらいいなってなんとなく希望。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。